襷を繋いで走るということ

2017.12.04 23:48|徒然記
どもです、くぼりょです。
足首の筋肉痛もだいぶ治まってきました。
ようやく手すりにつかまらなくても階段を下りられます

そんなこんなで運動不足を露呈した私ですが、
先日の「独劇」は光文社から出版された
蓮見恭子さんの「襷を我が手に」冒頭部分を35分ほど読みました。

ナマケモノの私は普段運動をしないので
あまりスポーツ中継を見ないのですが
この小説を読んでいくと、
実際の駅伝を見てみたいと思いましたね。

そんなとき、ちょうど京都に行ったので
三条駅近くの「駅伝発祥の地」の石碑を見てきました。
ekiden
この界隈、わりとよく通っていたけれど
今回の小説を読んでいろいろ調べるまで
こんなに近くにゆかりの地があるとは知りませんでした。

やはり、何事も見て聴いて調べて行ってみると
いろんな発見があります。

そうそう。
蓮見恭子さんも当日は来てくださって、お話も伺えました。

生放送時には、当日読んだのが冒頭部分だったので
あまりラストシーンやそれぞれの展開について
深く突っ込んで聴けなかったのですが
(いや、これは私のトークスキル不足のせいですね
番組終了後には、読んだシーンの後の展開やすきな登場人物について
いろいろ聞けたり感想をお伝えできて楽しかったです。

次回も「襷を我が手に」を読みます。
どの部分を読むかはまだヒミツ。
よければ皆様も小説を手にとって読んでみてください。
11月17日に刊行されたばかりの青春小説です。

スポーツをする人も、しない人も、
頑張っている人も、悩んでいる人も、
応援しながら読んでいたのでに、気付けば自分が背中を押されていた、
そんな物語です。

明日から寒くなるそうです。
そういえば二十四節気の「大雪」ももうじき。
みなさまお体に気をつけてお過ごしくださいね。
それでは、おやすみなさい

冷えにはご注意ください

2017.11.22 00:05|徒然記
どもです、くぼりょです。

いやあ、冷えてきましたね。
皆様、風邪ひいたりしていませんか?
私はときどき寒気がすると、寝る前に葛根湯を飲んでいます。
そろそろブーツも出さなければ…と考えています。
パソコン作業をしていると、寒くて手が動かなくなるんですよね。
部屋もだいぶ冷えてきたようです。

さて、先日の「独劇」も無事終わりました。
sora&niwa
いつも目の前の祝祭広場では
いろんなイベントや物産展が開催されているのですが
今回は今までで一番賑わいを見せていました。
その片隅でひっそりブラックな物語を読む私…
なかなか面白い光景だったと思います

今回も専門学校の生徒さんの作品で、ブラックな味わいのものでした。
もともと、ライトノベル・小説作家専攻の学生さんの作品なので
「(目で)読む」ものとして書かれているため
「いかに耳で聴いて楽しんでもらえるか」というのは毎回悩むところではありますが
今回は特に悩みました。
少し文章を変えてもらって当日臨みましたが…さて、どうだったのか!?

結果は「ソラトニワ 独劇」でお確かめください

今日明日あたりは小雪だそうです。
道理で寒いはずです。

どうか皆様も労わってくださいね。
身体も心も。
kumamon


気持ちの切り替えは大切です

2017.11.05 23:49|徒然記
どもです、くぼりょです。

またやらかしました。
スーパーマーケットに買い物に入ったとき、
入り口でお姉さんに呼び止められました。

「あの…スカートめくれてますよ」

……あああああっ

後ろを見ると、確かにスカートの端がスパッツにかかっているではないですか!
すぐさまスカートの裾を直しつつ、教えてくれたお姉さんにお礼を述べましたが
頭の中で「いつから?いつから?」という疑問がぐるぐる回る私。

思い返すに、その少し前。
のんびりと家を出て近所の病院に行き、薬局に入ったあと、
そのままこのお店まで来ているはず…

ということは。
家を出てから歩いているときも、
病院でも、薬局の中でも、
いやいやその前に病院の入っているビルのエレベーターの中で
男性の前に立っていた私ですよ。

……あああああ

皆様、どうかどうか。
どこかで誰かの衣服の乱れに気付いたら
そしてそれがちょっと恥ずかしいことになっていたら
できるだけ早めに、そっと教えてあげてください。

例えその時
あらぬ誤解を受けたり、八つあたりされりして
その時は嫌な気分になったとしても
できるなら「そのひとのその後」のために
どうか意を決して伝えてあげてください。

「ヤダこのひとなに見てたのよ」と責められるかもしれませんが
理不尽に「なんでここで言うのよ」と怒られるかもしれませんが
それはあくまでお門違いの話なので早々に忘れちゃってください。
できることなら「これでこのひとは先々安心!」と思って
勇気を振り絞ってください。

パンツは見せてないはずだけど、
後部隙だらけになっていた私からのお願いです





そんな昨日を引きずらず気を取り直して!!
今日も無事に「独劇」が終了しました。
今回も専門学校の学生さんの作品。
10分ほどの作品を2本続けて読みました。

ひとつめの話は、ちょっとアイロニーを含んだ「オオカミ被害者の会」。
続いて、昔語りのその読後にドキッとしてしまう「龍神村伝説」。

読み終えてから作者の学生さんたちを交えてのトークタイムでは
最初少し緊張していた二人もいい具合にリラックスしていて
裏話とかこれからのことについて楽しく話してくれました。

よし、次も気張ります!

そういえばこの日、朗読しているときに
「いつもより収録スペース前が暗いなあ…」と思って
ふと顔をあげると、ガラスの向こうに「聴いてくれているお客様」が
たくさんいらして吃驚しました。

いつもはわりと、「ひっそりと生放送中~」って感じなので
なんだか嬉しいやら恥ずかしいやら。
いや、すごく嬉しかったです

まあ、この日は目の前の祝祭広場で「イタリアフェア2017」を開いていて
そちらのお客様がたまたま近くに寄って、偶然聴いてくれたということだと思いますが。
それでも、読み終えたとき、拍手をしてくれているのが見えて
「ああ、感動するってこういうことだったなあ」と思い出しました。

これからもたくさん読んでいきたいので
引き続き、そして一層精進します。
どうぞみなさまよろしくお願いいたします

好きなんです…その覚悟が

2017.10.30 23:04|徒然記
どもです、くぼりょです。

そんなに広くはない道に
複数人が横一面に並んで歩いているのを見ると
「君等は大江戸捜査網か!?」
と心の中で突っ込みをいれてしまいます。

「こういう場合『Gメン75』だろう!」と言われそうですが
私の場合はやっぱり好きな時代劇が出てしまいます

勧善懲悪、みんな元気で幸せでヨカッタヨカッタ、もいいことなのでしょうが
「死して屍拾うもの無し」というナレーションが格好良くて、腹が据わってて
そういうところも好きだったんですよね。

それはさておき。
先日の「独劇」は、どストライクなホラー「ずっといっしょだよ」という作品。
ふだんはファンタジーを書いている、という生徒さんの作品でしたが
課題ではじめてホラーを書いてみて、ちょっと手応えがあったようです。

何事もやってみなければ道は拓けませんものね。
これが何かのきっかけになれたら嬉しいです

次回は2本、読む予定です。
よければPodcastも聴いてみてください。細々とアップされています。
ちなみに読んでいる日曜日16時からもPodcastで聴けるようです。
ちょっとだけタイムラグはありますが

そろそろ冷え込んできました。
電車に乗っていても咳き込む人がチラホラと…

年末らしく気忙しくなってきているかもしれませんが
みなさまもどうか身体とココロと大切に。
私も労わりながら暮らしていきます。

それではおやすみなさい

よそはよそ、うちはうち。

2017.10.23 23:51|徒然記
どもです、くぼりょです。

先日、仕事帰りにスーパーマーケットに寄ったら
店内BGMがクリスマスソングでした。

…早いよっ!

クリスマスソングを聞くとなぜだか気が急いてしまうので
つい反射的にドキドキしました

でも、そろそろ1月始まりのスケジュール帳もお店に並び始めているんですよね。
これも気が急いてしまう原因。
年内にやろうと思いながらできなかったアレコレを思い出して
ついつい気ばっかり焦ってしまうんですよね。
いかんいかん。

先日、小林賢太郎さんの本を読みました。
「ラーメンズ」のコントがずっとすきで、
ひとり舞台なども機会が合えば観に行くくらいすきなのです。

そんな大好きな小林賢太郎さんは本の中で

「よそはよそ、うちはうち」

というエッセイを書いていました。
読んで、ハッと我に返りました。

そうなのです。
よそはよそ、うちはうち。
よその芝生が青くても羨まず妬まず、うちはうちを黙々と丹念に育てていくしかない。
よその芝生の刈り込みが甘くてもちょっかい出さず、うちはうちを整えていくしかない。

そう、自分に言い聞かせます。
ときどき忘れそうになるけれど、私が一所懸命生きていくのには
これがまず大切なことなのだなと改めて思いました。

私は私なりに前に進んでいきます。
歩みは鈍いかもしれませんが…うちはうち


昨日の「独劇」は台風が接近するなか細々と、
でも楽しく怖く(ホラー小説だったので…)読めました。

先月までは既存の文学作品を読んでいて
それはそれで、大好きな物語を読めて聴いてもらえて嬉しかったのですが
今月からは専門学校生の「今」書いてくれた物語を読んでいます。

だから、いろいろ質問もできるし、
書き手に「面白かった!」と伝えることもできます。
これもまた有難く、贅沢なことですよね。

さて、次はどんな作品を読めるのかな。
私も楽しみにしています。
よければ皆様も聴いてみてください。
Podcast「ソラトニワ 独劇」で随時アップされていきます。


昨日の大型台風。
私の周囲には幸い甚大な被害はなかったようです。
まずは一安心ですが、これを機に
情報を鵜呑みにしたり、ただぼんやり待つだけにならず
今までの経験や勘で推察したり動けるようになりたいと思いました。


そろそろ年末。
日めくりカレンダーもどんどん厚みがなくなってきました。
寒くなったり、忙しくなったりすると思いますが
皆様、お体に気をつけてくださいね。

ひとまず、おやすみなさい
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR