行って、みた。

2014.07.13 02:43|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

ええと、また転びまして。
せっかくふさがりかけていた膝の擦り傷のすぐ横に
また同じサイズの擦り傷作っちゃいました。
反対側の膝にも青タンが出来ています…
 
まあ、いづれ治るでしょうからそれはさておき。
 
連日京都ネタではありますが、
京都文化博物館の「黒田清輝展」に行ってきました。
音声ガイドナレーションを担当したので、実際にどんな風に聞こえるのか知りたくて
黒田清輝展
さすが近代日本洋画の巨匠の企画展、結構ひとが入っていて
しかもガイド機を持っている方もちらほらと。
入場料とは別途料金600円がかかるのに…
あああありがとうございます
 
個人的にはガラスケースに入っていた
何冊もの写生貼が興味深かったです。
ちいさなメモ帳のようなものに何枚も何冊も
ひたすらデッサンが書かれていて見入ってしまいました。
やっぱり日々の積み重ねとそれを続ける意思なんですねえ。
 
近年見つかり、今回初公開の「グレーの原」も美しかったですし、
有名な作品《智・感・情》も下絵ではどう描かれていたのか
どういう順序で塗り重ねられていったのかがわかるよう
光の波長を変えてうつしだされた画像が展示されていたり、
大作を完成させるまでに描いた下絵が
完成したものとは少し違っていたりすると
「あえてこの形を選んだのは何故…」と考え込んだり。
 
いろいろ見どころがあって楽しい時間でした。
京都にいらっしゃる方、日本画に興味のある方、
よろしければ足を運んでみてください。
「黒田清輝展」は7月21日(月・祝)まで
京都文化博物館で開催しています。

 
そうそう。
2階総合展示では夏の京都にちなんで
「祇園祭-山鉾巡行の歴史と文化-」が紹介されています。

今年は後祭(あとまつり)が49年ぶりに復活。
大船鉾も150年ぶりに復興するそうです。

7月に入ると京都はもう夏。
というか祭の雰囲気がそこかしこに漂います。
宵山も山鉾巡行ももちろんよいですが
その前に予習はいかがでしょう?
 
「祇園祭-山鉾巡行の歴史と文化-」は8月3日(日)まで開催。
「黒田清輝展」をご覧になった方はそのまま入れます。

 
詳細は京都文化博物館ホームページ
京都市観光協会の祇園祭のページをご覧くださいませ
スポンサーサイト
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR