ふりむかないこと、ためらわないこと

2017.06.07 23:20|徒然記
どもです、くぼりょです。

先週の土曜日は朗読イベント「エートーでルンルン気分♪」でした。
少ないながらも、友人知人仕事でお世話になっている方々や
いつも応援してくださっている方々にみてもらえて嬉しくも楽しい一日でした。

昼はファミリー向けだからお子さんの正直なツッコミが入ったり
夜は高校生以上の方が対象なので少しアダルト(?)なものも読んでみたり
同じタイトルのイベントながら、読む作品も半分くらい変えていたので
一日にふたつの違ったイベントに出たような気分でした。

しかしどちらも冒頭には、このイベントのためにつくられた歌をみんなで歌い
シュールな展開に笑うのをこらえながら
出演者みんなでワイワイ賑やかにトークしながら
映像をはさんだり映像と朗読したり
読み手が舞台上を動きまわったり
個性溢れる詩の時間があったり
しっとりと読むものもありながら進んでいき

「これ、朗読って言っちゃっていいかな…いや、こんな朗読もありだよ!!」
と思いながら舞台にいた私。

今回、ほとんどの作品は出演者でもある石田アキラさんが書いたもので
それはもうシュールで少し考えさせられながらも面白くて
彼の映像作品もすきな私は嬉々として読んだのですが、
ほかにも私は幾つか、いわゆる文学作品も読みました。

昼は夢野久作(香具土三鳥)の超短編「約束」「人形と狼」、
夜は芥川龍之介「猿蟹合戦」と葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」、
これらも読みました。

アキラさんから「好きなのを読んでいいよ」と言われたので
うきうきしながら選びだしたのが、これらの作品でした。
どれも大好きなんです。

特に芥川の「猿蟹合戦」はずっと昔、
東京で朗読イベントに出た時に読んでいますし
(↑このときは着物袴姿でした)
「セメント樽の中の手紙」は隙あらば…というくらい
何度かイベントや映像で読んでいます。
(今回は手紙のところだけの抜粋でしたが)

すきなものが読めて、聴いてもらえて
ひょっとしたら私のすきな作品を知ってもらえる機会になったかもしれない
なにより私のすきな人たちを知ってもらえる機会になったかもしれない
そういうことが嬉しいイベントでした。

また、やりたいなあ。
今度はもっと面白くなるように考えて
もっと楽しんでもらえたらいいなあ。
gakuya


ちなみに。
その翌日のシアター・エートは
私のだいすきな役者、春田純一さんのトークイベントがありました。
しかもゲストは大場健二さんと谷隼人さん。

おおお…ゴーグルブラック&ダイナブラック!
そのうえギャバン隊長にマスクマンの指揮官殿も!!
これはぜひともその御姿を拝見したい!!!

ということで連日神戸に足を運ぶ私…わりと特撮モノがすきなのです

こちらのイベントはいきなりアクションからはじまり、
それぞれの出演作品について当時の裏話などもチラホラこぼれ
感動しきりでした。

当時のアクションシーンはまさに命がけで
それでも今こうして穏やかに笑いながら話しているのは
きっと奇蹟のようなことなんだなあとしみじみ思いました。
ああ…ありがたやありがたや

帰り道、私の頭の中にはずっと
「宇宙刑事ギャバン」の主題歌が流れていました。

若さとは諦めないこと
愛とは悔まないこと
あばよ涙、よろしく勇気
あばよ過去、よろしく未来

ですね。
スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR