行くは未知の道なれど血は身にせよ

2017.05.05 23:47|徒然記
どもです、くぼりょです。

みなさまお元気ですか?
今日明日あたりは「立夏」だそうですよ。

二十四節気でいうところの夏立つ日で、
暦の上ではこの日から立秋(8月7日もしくは8日)までが夏。
野山に新緑が目立ち、風も爽やかになって、夏の気配が感じられるようになる季節。
ぼやぼやしていると新しい季節に置いていかれちゃいます。
あああ…暖かくなってきましたね。

みなさまお元気ですか?
私はまだ花粉症に身悶えしています。
1月2月に比べれば少し症状もよくなってきているような気もしますが
それでもズビズビうるうるしています。
嗚呼、世の中はままならぬものですなあ…

それはさておき。
「大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン」有料試写会に行ってきました。
私も少しお手伝いさせてもらった「怪獣ゴッコ」が収められた
オムニバス怪獣(バカ)映画の試写会です。

名だたる映画監督や
知る人ぞ知る映像作家や
秘めたる才をうっかり顕わにしてしまった方々総勢28名
上映時間約2時間の一大作品集。
しかも「怪獣映画」ばかり。
特撮好きの私は行くしかないでしょう

いやあ、楽しかったです。
げらげら笑っていたら
ハッとさせられて
息をのむ間に
脳みそをフル回転させ
ときには息を抜くつもりが
思わず思索に耽り。

まあ結局のところ「面白かった!」の一言に尽きたのでした。

さらに昨日は
劇団クセックACTの公演「ドン・キホーテ その狂気について」に行ってきました。
以前、朗読「袈裟と盛遠」公演で共演してくださった
榊原忠美さんが出演しているのです

「ドン・キホーテ」という物語はよく知られていますが
そこはさすがのクセック。
なかなかに骨太で重厚で、笑わせながらも恐ろしくて。
常にふわふわゆらゆらしている私には
その一片くらいしか理解できなかった気がします。

それでも、
舞台の上に立つ方々は榊原さんを筆頭に
凛々しく
雄々しく
猛々しく
狂おしく
切なげに
そこかしこに「いる!」と感じられたのでした。

「力」とか「関係」とか
「真実」とか「虚構」とか
「狂気」とか「強さ」とか
いろいろ考えました。

嬉しいことに久し振りに会いたかったひとにも偶然会えましたし。
とてもよい時間でした。

あっ、その少し前には
同じく「袈裟と盛遠」公演で舞台美術を美しく彩ってくださった
中村えい子さんの個展も行ってきました。
いつもながら糸と意図と意思と決心と意味と意趣を溢れさせた素敵な空間でした。

久し振りにゆっくりとお話はできたのですが
肝心の作品はスケールが大きすぎて、私の撮影技術では追いつかず
せ…せめて長浜曳山祭りが催されていたので、
その「子ども歌舞伎」の写真をば
nagayama

こちらも重要無形文化財に指定されているだけあって、とても見応えがあり
「来年も観に行きたい」と思えるくらい楽しい祭りでした。
うん、来年はもう少しゆっくり巡ってみたいです。

ほかにも

彦根城に行ったらタイミングよく、ひこにゃんが来ていたり!
hiko
(でも、持っていた花がしおれてしまい、
ちょっとしょげているひこにゃん…)

私がずっとすきな鴻上尚史さん演出の舞台「ドラえもん」を観たり。
話も面白かったけど、私がずっと記憶に留めていた
かつての仮面ライダーに出ていた怪優(!?)の方がが出ていらして
それはそれは生き生きと舞台の上にいらっしゃるのが
とても嬉しくなりました。

そのひとが
生きている
踏ん張っている
認められている
そのことが。

そんなこんなで。
あちこち行ったり言ったり
出たり引っ込んだり
嬉しかったり困ったり考えたりしています。
まあ多分、これからもきっと。

つづく限りイロイロと
やっていきます。
お知らせします。
ほそぼそと、だと思いますが。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR