ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

吾唯知足

どもです、くぼりょです。

今日は二十四節気でいうと「白露」だそうです。
暦ではそろそろ秋の気配がやってくるようですが、さていかに。

そんなこんなのココノトコロ。
目に見えての変化はおそらくあまりないのですが
活きていると、まあいろいろあって面白い日々です。
皆様は如何ですか?

先日は某番組の観覧に行ってきました。

ずっと大好きで観ている番組だったので、
直接観られる機会があらばぜひ!と熱望→応募したら叶いました

普段、司会進行役もやったり、ナレーターとして原稿を読んだりする身としては
本番までの進行具合やそれぞれの立ち居振る舞いも勉強になりましたが、
なによりあの番組のファンとしては、ただただ身近で見られるのが嬉しく
コッソリと、けれど確実にはしゃいでしまいました。
今まで画面で観ていたあの遣り取りが目の前でアレヤコレヤとあり、
うはー!あの方が今日も目の前で暴走しているよー!!ということも嬉しく。
一緒に行ってくれた友人も楽しんでくれたようなのでヨカッタヨカッタ

のちに、テレビを見ていた方から
「あそこに座っていたでしょ」と発見されびっくり。
ほとんど映らないところにいたのですが
ちらっと映ったときの動きでばれちゃったみたいです。

たしかにゲラゲラ笑って、結構リアクションもしていたから
めずらしくよく動いていたとは思いますが
私とわかる動き方って、一体どれだけワチャワチャ動いていたんだろ?
番組は録画してあるのですが、こわくてまだ観返していません…


相変わらず、本はちまちま読んでいます。

最近読んで印象に残っているのは
・大崎善生「聖の青春」
・内田樹「日本の身体」
・「100万分の1回のねこ」

「聖の青春」はちょっと昔、将棋を習ったこともあって
以来、棋士というもの、そして棋士の本をいくつか読むにつけ出てくる
「村山聖」という人物に興味があったのです。
大阪の将棋会館は何度か通ったことがあるので
あのひとの通った店はあそこらへんかな、とか
あのひとの借りていた部屋は多分あそこのあたり、とか
いろいろ想像しながら読むのも楽しかったです。
しかしまあ、棋士という生き方を選んだ(選ばざるを得なかった)人たちはなんとすごいことか。
ただただ何度も驚き、ひたすら畏敬の念を抱き、
自分の(将棋の腕も含む)弱さに深くため息をつきました。
近々映画化かれるようなのですが…どんなのになるんだろ?

内田樹さんの著書はいつでもすきなのです。
自分の心と身体のチューニングが出来る気がします。
あと、なんといっても「腑に落ちる」。
これに尽きます。

「100万分の1回のねこ」の元ネタは「100万回生きたねこ」。
その「ねこ」を大切に思う作家陣が、彼と原作者のために書いた短編集です。
いろんな作家の短編をたくさん読めるのは楽しかったし
もともと自分の好きな作家の話がやっぱりなにより面白かったです。
とてもしあわせなトリビュートアンソロジーだと思いました。

スーパー銭湯も行ってきました。
仕事先で雑談をしていたとき、プールと銭湯の話になって
「そういえば最近スーパー銭湯に行ってないなあ」と思い出し、
ちょうど次の日は休みだったので行ってきました。

スーパー銭湯はいろんな種類のお風呂があるので
行くとかならず半日くらいはのんびりと過ごします。
室内の変わり湯もいいし、
露天風呂も大好きだし、
ときどきサウナに入ってフラフラになりながら出て
お水を飲むのもまた楽し♪
ついでにアカスリもしてもらったのですが
なかなかに剛腕な担当者に当たっちゃったみたいで
今ちょっと因幡の白ウサギな気分です

9月ということで、お月見にちなんだアレコレや
秋らしい色遣いの服も店先に並び始めていますが、
ようやく少しは季節感を楽しめるようになるのかもしれませんね。
で、気がつくと「寒い寒い」と呟くことに
せめてそれまで、季節の移り変わりを楽しもうと思います。

麻疹が流行っているそうですが
そもそも季節の変わり目なので
皆様もどうかお体大切に。
5dream
スポンサーサイト

  1. 2016.09.07(水) _23:32:00
  2. 出掛けたので。
  3. [ edit ]




PAGE
TOP