第三エロチカ「新宿八犬伝」

2016.06.30 23:48|イデンシ
どもです、くぼりょです。
少し前のことですが、舞台「毛皮のマリー」を観てきました。

さすがの三輪明宏さん。
やはりのテラヤマシバイ。
裸祭的なシーンには吃驚しましたが
観に行ってよかったと思いました。

なんちゅうか…エンゲキでした

そこで思い出したので書き記すイデンシはシバイ、あるいはエンゲキ。
(少々意味合いは違うのですが、ここは同じくくりで進めておきます)

私のエンゲキ好き、始まりは
第三エロチカという劇団の舞台「新宿八犬伝」でした。

それまで、つまり実家にいたころは某大手有名劇団くらいしか知らなかったし
なんかこう勝手に、「名作」とか「古典」とかでないといけないもの、
友情愛情努力苦悩葛藤大団円的なものと思いこんでいて
すごいけれどちょっと縁遠いかなあと思っていた訳です。

それがふと、大学に入ってから
「都会ならではのものが見たい!」という衝動にかられて観はじめたのが「演劇」でした。
きっかけは多分、どこかの劇団公演のチラシのデザインかタイトルを見て面白そうと思ったのでしょう。
どんなものだったのか、残念ながら覚えていませんが。

ただ、そうやって見始めた演劇はいろんなものがあって
私にとっての当たり外れがあって
探して、選んで、見極める楽しさに嵌りました。
なにしろ再現性のほぼないジャンルですから
(たとえ同じ役者・スタッフでも日時や場所が変わると全く別のものや出来栄えになったりします)
何気なく観に行ったものが面白かったら、そしてそれを他の人が知らなかったら
なんだかとても得難いものを手に入れたような気分になったのです。

あれですね、「私だけが知っている!」的な優越感。
そんな中で見つけたのが「新宿八犬伝」でした。

イナカモノとって憧れてやまない「新宿」という場所をタイトルに使用、
しかも察するに「南総里見八犬伝」をモチーフにしている…
これはきっと面白いんじゃないかとアタリをつけて
ほとんど予備知識なしに観に行ったのです。

で。
エンゲキ初心者は吃驚したのです。

昔のことなのであまり筋立てや結末なども覚えていないのですが
今まで観てきた「安心・安全」なわかりやすいものではなく
ただただ役者の存在感に圧倒され
物語と言葉の力強さににねじ伏せられ
なんだかわからないけれど「これは私に必要なものだ!」と認定。
エンゲキというものに全幅の信頼を置いてしまったのです。

安心できないのに「全幅の信頼」。
矛盾していますが、だからこそ腑に落ちるというか。

その時の自分に足りなかったものをそこに見出したのかもしれないし
ほんとうはずっと探していた何かがそこにあったのかもしれないし
明確な理由はいまでもわかりませんがそれでも。

出会うべくして出会ったのが「新宿八犬伝」だったと思うのです。

小説や映画もタイミングが合わなければ
好きになれない作品やジャンルになるんでしょうけれど
(昔苦手だった小説が、読みかえすと面白く感じたとか、
昔はその良さがわからなかった映画を改めて観てみると
実はやっぱりすごいものだったと気付いたことってありませんか?)
シバイと自分のタイミングがうまく合うと何より素敵なものに思えるのです。
まあ、私にとっては、ですけれど。

そこに、そのひとが、そのひとたちがいる
いま、そこで、動いて、止まって、喋って、黙り込んでいる、それだけのはずなのに。
エンゲキは出会ってしまうと、私を外から中から「えいやっ」と力づくで動かすもの、
自覚して、知覚して、許容して、叱咤して、休息させて、変化させて、揺るがないものにしてくれる気がします。

なんだかうまく書き表わせないので、今回はこのあたりで。
もう少しうまく伝えたいと思いつつままならず




ちなみに。
「第三舞台」も大好きです。
今まで観たエンゲキの中でどれがすき?と聞かれたら
きっと迷わず最初の方に「第三舞台」の「トランス」と答える気がします。
役者はなにもかも試されている気がするし、
物語はシンプルなのにいろんなことを含んでいると思うから。

スポンサーサイト

コメント

舞台女優

最近舞台見に行っていないなあ。
京都や大阪にも行っていないし。という田舎者の独り言でした。

深夜にずっと宣伝していた中谷美紀さんの一人芝居、どうだったんだろう?古田新太さんの芝居もよく宣伝していました。

また舞台を見に行きたい。

Re: 舞台女優

嶋佐さん、
舞台は始まったら幕が下りるまで続く
やり直しのきかないナマモノですからね。

その時期その演目その内容によって全く変わるし
当たり外れも、向き不向きもあるから
観に行くのにも勇気が要りますよね。

だからこそ自分のど真ん中にあたっちゃうと
嬉しいやら困っちゃうやら。

ぜひ機会を狙って
演目を吟味して行ってみてください。
自分の目利きが当たると嬉しいですよ。
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR