ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

どっちをみるか、どっちもみるか

どもです、くぼりょです。

結局「ライチ☆光クラブ」を3回観てしまいました。
DVDになったらすぐにも購入し、また観たいと思っています。

なにがそんなにも私を惹きつけるのか。

永遠を願う刹那か。
純潔を望む汚濁か。
強さを求める弱さか。
悲しみを誘う朗らかさか。

観るたびに気付いたり思い至ったり思い出したり。
注意力散漫で忘れっぽい私は、毎回なにかを発見します。

そんなこんなで。
同じ監督の映画「ドロメ」も観てきました。
「男子篇」「女子篇」両方。

ひとつの物語を男子側からの視点、女子側からの視点で描かれていて
とても興味深かったです。

どちらかだけ観ても成立している物語ですが、両方観るととても面白い。
あのときのあれはそういうことかとか、
あそこであのこたちが見ていたのはなんだったのかとか、
一応、「ホラー映画」というくくりになるのかと思うのですが
それを超えたものがあって、楽しんだりぞっとしたり。

個人的には「男子篇」が好きでした。
男子のキャッキャしているところも、
最後に見えていたものが何だったのかで気付いたことも。
でも「女子篇」のあの感覚もわかるんですよね。
大好きだから言いだせないとか、それでもやっぱりすきとか。

あたりまえですが、みんな、見えているものが違うんですよね。
だからいろんな誤解を生むし、怖いと思うし、それでも…と思う。

なんだかいろいろ考えました。
いいものみたなあ…ホラーはちょっと苦手だけど

スポンサーサイト

  1. 2016.05.01(日) _23:18:56
  2. 徒然記
  3. [ edit ]




PAGE
TOP