匂う夜の香、結ぶ水の輪

2015.11.12 02:47|徒然記
どもです、くぼりょです。

少し前のこと。
そういえば試供品でもらった「かおり付き柔軟剤」があったなと思い出し、
ナニヤラその胡散臭いモノでタオルケットを洗ったら
どうにもこうにも好みに合わない臭いがついてしまいました。
しかも何度洗い直しても、その臭いがとれません。

本当に何度も何度も洗っても、
しばらく漂白剤につけてみても、
いまだにしっかり臭うのです。

うーん…なんとういうか
とにかく人工的で嘘臭くて
そのくせもやもやしていて
個人的にどうしても苦手なかおりなのです。

何日も天日干しして「さすがにこれで消えただろう!」と思っても
布団に入ってしばらくして、ふと寝がえりでもうとうものなら
やっぱりふわっと、そしてガツンと臭いに襲われ
「うがっ」とか「もがあ」とか「のああ…」と小さく呻いています。

このままでは安眠できないし
かといってどこか別のところに仕舞っても臭いが移りそうだし。
どうしたものか、困っています。
まさか眠るのがこんなにつらいとは…ううう

においと言えば。
ここのところの季節の変わり目に
金木犀のかおりを嗅ぎませんでした。
毎年、肌寒い時期に街角の暗がりで
ふわっと薫るあのにおいがすきなんですけれど。

暗い所で漂ってくることが多いので、あまりその花自体を見ないけれど
それでもそのかおりに、気持ちが柔らかくなる思いがしていたので残念です。
特に今は変な臭いに悩まされているだけに本当に



それはさておき先日のこと。
だいすきなアーティスト・やなぎみわさんの美術作品が間近で見られる野外舞台をみてきました。
屋外とはいえ、まだそんなに冷え込んではいなかったので心おきなく楽しめました。
(もちろん防寒対策はしっかりしていきましたけれど)

こちらはにおいは感じられませんでしたが、
心地よい空気の揺らぎが感じられ、五感で楽しめる時間でした。
わーい、行けてよかったなあ。
笛の音もよかったなあ…ってあれ?

屋外の舞台灯りの中、ふと見た公演パンフレットに笛の師匠の名前が。

…おや?

師匠が出ていることを知らずに来ていた私。
なんと無精な弟子かと反省しました

最近なかなか稽古も通えず、本当に申し訳ないというか悔しいというか。
それでもいろいろ身に付いたり気付けたりすることが多いので
なんとか時間をやりくりして、もう少し続けてみようと思います。
何事も「継続は力なり」ですものね。



そういえば今日は新月。
新月に願いごとをすると叶うそうですね。
これから満ちていく、というところが
ここからはじまる、に通じているのでしょうか。

さてさて、何を願いましょう?
スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR