盛遠は男

2015.11.09 23:38|シバイ
どもです、くぼりょです。

昨日は立冬だったそうです。
じゃあ寒くなったのかといえばそうでもなさそうな。
着るものに困りますねえ。

それはさておき。
朗読「袈裟と盛遠」のもうひとりの出演者のことを書きます。

榊原忠美さん
さかきばらただよしさん
男性です。
ただみさんではありません。

名古屋の劇団「クセックACT」の役者さんです。

私が榊原さんとお会いしたきっかけは
確か、今回音楽を担当してくれる水城さんが呼んでくれた
朗読公演で一緒に出演すると決まったときだったと思います。

第一印象は物静かな哲学者のようで、
けれど舞台のことに関しては熱い思いが伝わってくる
なんだかすごい人だなあ…という感じでした。

実際、普段はとても静かな佇まいなのですが
舞台上ではとても存在感があり、ただただ圧倒されます。

役者であり、ナレーターであり、いろんな作品の朗読もされています。
フランス人作家ジャン・ジオノの「木を植えた人」という作品も
全国各地で読み続け、そろそろ300回位になるとか。

万人には刺激が強すぎるかもしれないけれど
表現に取り組む姿に魅了されてしまい。
「いいなーいいなー私も一緒に読みたいなー」と熱望し、
2年ほど前、口説き落とし、この企画を進めました

そう。
2年越しの企画です。
2年半くらいかな。

ずっと一緒に舞台に立ちたくて
でもまだ私にはその技量と決意が足りなくて
それでもやっぱり希って。

念願の共演です。

競演とは言えませんが
なんとかかんとか引っ張り上げてもらっている感が多分にありますが。

すごいと思ったその人をたくさんの人に知ってもらいたくて
今回、ようやく大阪で読みます。

ぜひみにきてください。

スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR