ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

問題です

どもです、くぼりょです。

いつのまにやらハロウィンが世間に浸透していることに
いまだ戸惑っています
hello
とはいえ、せっかくなので
ハロウィンにちなんだ和菓子を買いました。
和菓子です。
八つ橋です。
甘すぎず、ちょうどよい案配でした。

さて。
ここのところアレコレ気になりすぎて
なかなかどれも進まない日々だったのですが、
ひとまず興味深いを2冊読み終えました。

「本で床は抜けるのか」西牟田靖・著(本の雑誌社)
「まんがキッチンおかわり」福田里香・著(太田出版)

一冊目はそのタイトル通り、
「本当に本で床は抜けるのか」を調べ、話を聴き、考える本。

本って気付けばどんどんたまります。
この本を置いておくならあの本も置いておきたい。
コレを捨てるのにアレは持っているのか。
いろんな葛藤を経て、悩みつつ、
とりあえず自分を納得させる…ということを繰り返します。

まあ物理的に置いておけなくなるので
ある程度の基準を設けて増やさないようにしていますが、
本好きにはちょっと考えさせられる本でした。

もう一冊は「まんがキッチン」の続編。
料理マンガを取り上げるのではなく、
普通のマンガに出てくる料理とその効果を教えてくれ、
さらにはそこからイメージを膨らませた菓子類も創っています。

ここに取り上げられているマンガ自体も面白いし、
その中で料理がどう扱われているのか、
それに気付くことによってマンガがさらに面白くなる本です。

この本(と前作の「まんがキッチン」)で「フード理論」が提唱されているのですが
とても興味深いです。
曰く、

1.善人は、フードをおいしそうに食べる
2.正体不明者は、フードを食べない
3.悪人は、フードを粗末に扱う


とのこと。
なるほどなあと納得。
今まで無意識にマンガを読んでいたけれど
言われてみれば「食」をどう扱うかによって
時代背景や登場人物の性格、心情すらも表現されるのだなあ、と感心しきりでした。

そして。
これは現実にも当てはまるのではないかと思った訳です。

ご飯をおいしそうに食べる人に悪い人はいない気がするし、
目の前で何も口にしない人は本心が見えない気もするし、
食べ物を粗末にする人はやっぱり好きになれない。

誰と、何を食べるか。あるいは食べたいか。
それはとても大切で重要なことだと思います。
それは多分、自分の気持ちも伝えている気がするから。

あなたは「誰と」「何を」「食べたい」ですか?

スポンサーサイト

  1. 2015.10.25(日) _02:16:30
  2. 読書
  3. [ edit ]




PAGE
TOP