着られる?訊ける?

2015.07.19 23:17|読書
どもです、くぼりょです。

夏だから浴衣~!!
とうきうきしていましたが
襦袢に半襟をつけていませんでした
これをしないと大人の夏着物が着れません
という訳で、襟付けを黙々とやっていました。
ああ…7月ももう半ばを過ぎたのに。
…整えます

それはさておき。

先日、「美術、応答せよ!」という本を読みました。
森村泰昌さんの質問応答集で、
いろんな人が彼に紙上で質問し、それに応答するという内容。

モリムラさんの美術作品や著書は以前から好きだったのです。
好きの理由はうまく説明できないけれど、
彼と彼の作るものにはなんだかどうにも魅かれるのです。
だから、偶然この本を見つけた時も迷わず手に取りました。

とても面白く、刺激に、そして励みになる本でした。
いろんな方がモリムラさんに真剣に問いかけ、挑んでいるようで、
そしてモリムラさんもそれに真摯に向きあい、応えようとしていました。

ひょっとしたら私は質問者の真の意図に気付いていないのかもしれない。
あるいはモリムラさんが応えたその言葉の本意を汲み取れていないのかもしれない。
でも今の私にも腑に落ちる言葉がたくさんあり、
何度でも読みかえしたい、出来れば節目節目に読んでみたい。
そう思えました。

美術に向き合うこと、
美術を続けること、
そのために何を「選ばない」か、
そんなことも書かれていて。

そう。
「何を選ぶか」ではなく、
「”何を選ばない”ということを選ぶ」のか。
ストン、と腑に落ちることがありました。

たくさんの選択肢に囲まれてしまった今、
「何を選ぶかを決定する」よりも
「何を選ばないということを決めるのか」は
とても大事なことだと思ったのです。

あ、もちろん何かを否定している訳ではなくて、
「選ばない」ということで決まったり、
見えてくる自分の軸もあるんじゃないかと。

例えば、
自分の進路や仕事を見つけようとするとき、
「何がしたいか」ではなく
「何がしたくないか」を考えるのも手だそうです。

なるほど。
たしかに「本当にしたいこと」ってはっきり決まっている人はそうそういないと思うし、
それならば「これだけはどうしても出来ない」ってことが自分でわかっていれば
そこを避けてやりたいことを探していくと、うまく絞れそうな気がします。

もちろん「これは出来ない」「あれはイヤ」って言ってるだけじゃただの我儘ですし
「やってみたら案外向いてた♪」ということもありますが。
それでも文系さんが理系に進むにはどうにも難しいことがあるだろうし
体力自信ない人に肉体労働をオススメ出来ないですから。

自分で選び取ることは大事。
でも選ばないという選択肢も必要。

ゆらゆら揺らいで
あちこち行ったら
少しは何かわかるかも。
少しは何か変わるかも。


それにしても質問するって難しいですよね。
ひとの問いかけにちゃんと応答するのも難しいけれど、
質問するって自分の理解度・関心度(つまり自分の底の浅さ)がバレちゃいますから。
私だったら何を質問できるんだろう…
読みながらそんなことも考えて、ドキドキしたのでした
スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR