りとるの違い

2015.05.25 23:16|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

外出するとき、久し振りに長ズボンを穿きました。
そういえばここ何年もスカートや短パン姿ばっかりだったので
自分でも身体の感覚や使い方の違いが新鮮でした。
何年振りだろ…自分でもびっくりです。

さてさて。
ちょっと久し振りに、以前アップしたものを再度あげてみます。


これ↓ですね。
kouya2
私、コレに乗りたくて乗りたくて、
コレを宣伝したくて、
このCMが読みたくて、
勝手に(あわわ…)作ってみたものです。

そうやって妄想しているうちに
最近、田原俊彦さんがテレビCMに出演されて
それがかなりインパクトがあって面白かったのですが、
いまからでもCMナレーションを読めないものかしらと思っています。

あ、ナレーションやイベント・講演会などの司会のご用命はこちらまで!!
堅めの内容も、愉しいものも、いろいろ喋りますよ~

それはさておき。
お気に入りにの特急こうや(通称「赤こうや」)に乗って
ふたたび高野山に行ってきました。

また高野山…と思われるかもしれませんが
前回は時間がなくてほとんど回れず、くやしい思いをしたのです。
今回は根本大塔kohyasan1の中も、金剛峯寺の中も
さらには奥の院までも行ってまいりました。
(ということでたくさん歩く!と決めてズボン穿いて出掛けた訳です)

私が行った時は高野山開創1200年記念大法会の期間中で
普段は非公開のものもたくさん見られました。
人はかなり多くて、さすがにゆっくりじっくり…という訳にはいきませんでしたが。

なんでもこの期間中、
少なくとも一日最低5,000人、多い日だと10,000人以上が訪れていたそうです。
確かに、朝からたくさんの人が
高野山に向かう列車やケーブルカーにぎゅうぎゅう乗り込み、
それぞれの行き先に向けてバスに駆け込み、
お堂の中に列をなして入っていくのを見ましたね。

それでも、
参詣の方も、観光の方も
宗派も人種も問わず、
来た人に対し、迎える。
その姿勢はすごいなあと思います。

奥の院の緑は深くて、
木々から洩れる日差しは眩しいのだけれど
暑苦しくないし、ただただ明るく降り注いでいて。

杜にはよい空気が満ちているといいますが
たくさん歩いたのに嫌な疲れは感じず、
むしろ翌朝もスッキリ目覚めたくらいで
心身ともにリセットできた気がします。

人は多かったけれど、行ってよかったです。





そういえば。

「ありのまま」
というコトバが少し前に流行りましたけど、
「あるがまま」
という言葉の方が私はすきです。

なんとなくですが、自分の意識の置き処が違う気がするのです。

ありのままの自分でいられるようにする!
と頑張る(あるいは頑張らない)より
ままならぬ世のあるがまま、
と思っている方が生きやすい気もするし。

自分が思うように大抵の世の中も人も動かないから
「こんなはずじゃない」「こうすればいいはずなのにどうして」と足掻いても仕方ない。
その考えに囚われて動けなくなったり、感情に振り回されるのは自分だけで、
自分以外の世界はいつだって動き続けてるし変わり続ける。
だから、動き続ける世界に軽口叩きつつ
時に驚き、へこみ、ちょっと困ったり、
それすらも楽しみながら生きていければいいなあと思います。

そういえば粘菌は
プログラム出来ないことに対応するようにプログラムされているそうです。
賢いよ!粘菌

それでいいと思うのです。
kohyasan2
スポンサーサイト
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR