ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

言葉は尽きねど

どもです、くぼりょです。

2016年もあと2日になりました。
早いなあ…

クリスマスカードを書き終え
掃除をちょこちょこ進め
これを機に物を新しくしたり整えたり

そうこうしながら
今年を振り返っていました。

久し振りにシバイに出られたし
行きたかったところに行けたり
乗りたかった物に乗れたり
気になる路線に寄れたり
観たかったものを観れたり
新しいことや人にも出合えたり
まさかのバックダンサーもできたし

いろいろ出来て、それらを楽しめて
けっこう好い一年でした。

もちろん
クヨクヨしたり
オタオタしたり
モヤモヤしたり
ドキドキしたり
うんうん考えたり
考えても答えが見えなかったり
これかと試してみたり
やっぱり答えが出なかったり
まだまだだなあと思うこともしきり。

でも、それはそれで好いのです。
困りながらあれやこれやと探りつつ進むのが
けっこう私には向いているので

そんなこんなで

シバイを観てくれたあなたも
イベントに来てくださったあなたも
時々便りをくれたあなたも
時間を共有してくれたあなたも
偶然出合えたあなたも

今年も一年お世話になりました。
ありがとうございます。

また多分いろいろやらかしますが
あれこれと試みていくつもりなので
来年もどうぞよろしくお付き合いください。


よい年をお迎えてくださいね


スポンサーサイト
  1. 2016.12.30(金) _23:09:01
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

今年のキモチは今年のうちに

どもです、くぼりょです。

年末年始の挨拶状を
年賀状からクリスマスカードにしてみました。

毎年思っていた、年賀状だと申し訳なくなってしまう喪中の方にも
クリスマスカードなら幸せを願ってもよいのではないかと思ったのです。
書く時期も年賀状とそれほど変わらないし。

それになにより
今年のお礼は今年のうちに言っておきたい
と思ったこともあります。

メールなども便利でよいのですが
やっぱり「書く」という行為が自分には馴染みます。
綺麗な字とはあまり言い難いですが
それでも気持ちは込めます。

この人はお元気だろうか
来年もこの人にとって良い年であればいいな
またお会いできたら嬉しいな

そんなことを考えながら
ここのところ机に向かっていました。

今年お世話になった、送り先のわかる方には
概ね書き送ったつもりなのですが
「ウチ届いてないよ!」
って方もいるかもしれません。

事実、何枚か「あて所に尋ねあたりありません」と帰ってきたものもあります。
送りたくても連絡が途絶え、住所がわからず送れなかった方もいます。

結局、年が明けてから何枚か年賀状を出すことになりそうですが
ちゃんとご挨拶できるのであればそれもまた好いことでしょう。


先日、仕事で京都に行ったのですが
えらく風の吹きすさぶ日で
ぶるぶる震えながら三条大橋を通り
何気なく上流に目をやると
綺麗な虹がかかっていました。

久し振りの自然の美しさに思わず寒さも忘れ
橋の上に立ちつくし、ただただ眺めていました。

これを私の好きな人みんなに見せてあげたい
こんなに儚くて綺麗なものをあなたにも見てほしい
そんな無茶なことを考えてしまいました。

なにかと忙しくて世知辛い年末ですが
2016年もあとわずか。
名残惜しくもありますが
新しい年に向けてもう少し気張りましょう。

このブログは年内にあと一回くらいは書くと思います。
多分。

おやすみなさい
  1. 2016.12.27(火) _23:44:36
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

Have a Book Day!

どもです、くぼりょです。

年末に向けてバタバタしていましたが
すこし落ち着きました。
が、やることを頭の中だけで考えていると
アレコレ変なことをしてしまうようで。

そのいち。
駅の改札を通る時に文庫本と財布を重ねて持っていたのですが
慌てて通ったら文庫本の面をIC読みとりセンサーに置きかけました。
本では改札を出られませんよねえええ

そのに。
今日は鍋にしよう!と思い立ち
野菜を切っていたのですが何故か思うように切れない。
「そんなになまくらになってたっけ?」と思ってよく見たら
刃の反対側(刀でいうところのミネ)で一生懸命に引いていました。
そりゃあ切れないわあ…

てな感じで、相も変わらず
うっかりぼんやりの日々を送りながら
なんとか細々とアレコレやっています。
Book
ずっと気になっていた小説読んだら、その例え方があまりに面白くて腑に落ちちゃったり
久し振りに大好きな漫画を全巻読み返して、あるあるネタに何度も頷き
以前観ていたアニメをこれまた全巻借りてきて、次の日の心配をしながらも夜中にイッキ観したり

ずっと行ってみたかった新宿末廣亭も入ってきました

あの寄席番組で何度も見ていた背景だよ
あの漫画やアニメでいつも見た舞台だよ
新宿には結構行っているのにようやくですよ

落語もコントも太神楽も楽しかったです。
終わっても帰りたくなくて
もっとこの空間に居たくて
客席をぐるりと回って出てきました。

また行こうっと。
suehiro

そろそろ歳の暮れらしくなってきましたね。
風邪やらインフルエンザやらノロウイルスやら
流行しているのか流言が飛んでいるんだかかわかりませんが
空気はけっこう乾燥しているようです。
私も喉が乾燥するのでマスクして出掛けています。
どうか皆様もお体に気をつけてくださいね。


  1. 2016.12.22(木) _23:26:07
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

余裕はいるけど余剰はどうだ

どもです、くぼりょです。
今日明日あたり大雪というそうで。

…そりゃあ寒いですねえ。
ただでさえ籠り気味の私ですが
ますます布団から出たくないこの時季。

やらねばならんこととやりたいことがわらわらあるので
まあなんとか毎朝(昼?)起きますが。

それはさておき。

ここのところちょこちょこと
隙を見て映画館に行っているのですが、
先日はずっと楽しみにしていた作品を観に行ったら
なんともゴージャスな椅子席が取ってあって驚きました。

こ…これは本来、別料金の必要なシートでは…

椅子も前後左右のエリアと比べてちょっとイイ質感やデザインのものだし、
座ると幅に余裕があり、脇には荷物置き場があるし。
なななななんだなんだどうしたんだああああ(←かなり動揺)

どうやら、かなり人気の作品だったので
早いうちにチケットを買ったのですが
そのおかげでちょっといい席が取れたようでした。

えへへ~ちょっと得した気分

でもじつは。
いつも荷物は自分の膝の上に置く癖がついているので
ちょっと落ち着かない気もしたり。

なにしろ、電車に乗っているときも
貴重品を含め、荷物はかならず膝の上。
座席の上にある網棚には絶対置きたくなくて
(なぜかというと、他人様の荷物が網棚から転げ落ちてきて
何度か痛い思いをしているので、どうにも苦手なのです)
膝の上が軽くてかえって落ち着かない

とすれば。
身幅も気持ちも余裕があるのはいいことだけれど
使いこなせない余剰ならば要らないのかも…

まあ、ふだん特別席を取ることはあまりないのでよい機会でしたし、
上映が始まると面白くて楽しくてハラハラして口惜しくて元気が湧いて
そんなオロオロしたことなんかすっかり忘れてしまいましたが。


さて。
街はすっかりクリスマスと年末年始に向けての意気込みが溢れていますね。
「新年」という区切りはなにかとよい契機になるんでしょう。

新しく始めるためには何かを終わらせたり
次の段階を見据えることもきっと必要で。

スケジュール帳や家計簿だって
来年はどう過ごしたいのかによって書式が変わると思うし
ならば今から少しずつ見据えて
「自分はこれで行く!」と思うものを選び取るのが好いのでしょう。

あなたは何か決めましたか?
欲しいものは決まりましたか?
そのために何を選び取りますか?

とうとう師走。
今年もやれることをできるだけやり尽くして
来年もやりたいことをやっちゃいましょう。
私も考えたり探したり選んだりしているところです。

年内ももう少しブログ書くと思います。
どうぞ引き続きよろしくお願いします。
  1. 2016.12.07(水) _21:10:00
  2. 趣味
  3. [ edit ]

断つのは自分の迷いのみにしたく

どもです、くぼりょです。

先日、自分の衣装を何着か人に譲ったとき
「断捨離ですか?」と言われました。

その場は「まあそんなもので」と答えたのですが
なんかこうモヤモヤ。

うーん…

そうなんだけど、そうじゃない気もする。
どうもなにか腑に落ちないというか。

で、なんでモヤモヤするのか
帰ってから考えてみたんですが
「断捨離」という言葉があまり好きじゃないからかなあと。

なにしろ「断つ」!「捨てる」!「離す」!
時にはそれくらいの決意で立ち向かうことも悪くないと思いますが
いかんせん力強すぎて容赦がない気も…

じゃあ「断捨離」でなくなんなんだ、と考えるに
個人的には「整理整頓をした」と思いたい私。

身の丈と野望を考えて
必要なものをあるべきところにあるように。
使いたい人がしかるべき時に使えるように。
言い訳したり無理無駄だと思うなら
程よきところに受け渡すのもありかなと。
ちょっと背伸びをしてみる、
もう少し頑張ってみるのも好いことだと思いますが。

できるだけしなやかに柔らかく立ち向かいたいのだなあ、と思った次第。
まあ、それだけ優柔不断なのかもしれませんが



  1. 2016.12.04(日) _23:22:57
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP