第三エロチカ「新宿八犬伝」

2016.06.30 23:48|イデンシ
どもです、くぼりょです。
少し前のことですが、舞台「毛皮のマリー」を観てきました。

さすがの三輪明宏さん。
やはりのテラヤマシバイ。
裸祭的なシーンには吃驚しましたが
観に行ってよかったと思いました。

なんちゅうか…エンゲキでした

そこで思い出したので書き記すイデンシはシバイ、あるいはエンゲキ。
(少々意味合いは違うのですが、ここは同じくくりで進めておきます)

私のエンゲキ好き、始まりは
第三エロチカという劇団の舞台「新宿八犬伝」でした。

それまで、つまり実家にいたころは某大手有名劇団くらいしか知らなかったし
なんかこう勝手に、「名作」とか「古典」とかでないといけないもの、
友情愛情努力苦悩葛藤大団円的なものと思いこんでいて
すごいけれどちょっと縁遠いかなあと思っていた訳です。

それがふと、大学に入ってから
「都会ならではのものが見たい!」という衝動にかられて観はじめたのが「演劇」でした。
きっかけは多分、どこかの劇団公演のチラシのデザインかタイトルを見て面白そうと思ったのでしょう。
どんなものだったのか、残念ながら覚えていませんが。

ただ、そうやって見始めた演劇はいろんなものがあって
私にとっての当たり外れがあって
探して、選んで、見極める楽しさに嵌りました。
なにしろ再現性のほぼないジャンルですから
(たとえ同じ役者・スタッフでも日時や場所が変わると全く別のものや出来栄えになったりします)
何気なく観に行ったものが面白かったら、そしてそれを他の人が知らなかったら
なんだかとても得難いものを手に入れたような気分になったのです。

あれですね、「私だけが知っている!」的な優越感。
そんな中で見つけたのが「新宿八犬伝」でした。

イナカモノとって憧れてやまない「新宿」という場所をタイトルに使用、
しかも察するに「南総里見八犬伝」をモチーフにしている…
これはきっと面白いんじゃないかとアタリをつけて
ほとんど予備知識なしに観に行ったのです。

で。
エンゲキ初心者は吃驚したのです。

昔のことなのであまり筋立てや結末なども覚えていないのですが
今まで観てきた「安心・安全」なわかりやすいものではなく
ただただ役者の存在感に圧倒され
物語と言葉の力強さににねじ伏せられ
なんだかわからないけれど「これは私に必要なものだ!」と認定。
エンゲキというものに全幅の信頼を置いてしまったのです。

安心できないのに「全幅の信頼」。
矛盾していますが、だからこそ腑に落ちるというか。

その時の自分に足りなかったものをそこに見出したのかもしれないし
ほんとうはずっと探していた何かがそこにあったのかもしれないし
明確な理由はいまでもわかりませんがそれでも。

出会うべくして出会ったのが「新宿八犬伝」だったと思うのです。

小説や映画もタイミングが合わなければ
好きになれない作品やジャンルになるんでしょうけれど
(昔苦手だった小説が、読みかえすと面白く感じたとか、
昔はその良さがわからなかった映画を改めて観てみると
実はやっぱりすごいものだったと気付いたことってありませんか?)
シバイと自分のタイミングがうまく合うと何より素敵なものに思えるのです。
まあ、私にとっては、ですけれど。

そこに、そのひとが、そのひとたちがいる
いま、そこで、動いて、止まって、喋って、黙り込んでいる、それだけのはずなのに。
エンゲキは出会ってしまうと、私を外から中から「えいやっ」と力づくで動かすもの、
自覚して、知覚して、許容して、叱咤して、休息させて、変化させて、揺るがないものにしてくれる気がします。

なんだかうまく書き表わせないので、今回はこのあたりで。
もう少しうまく伝えたいと思いつつままならず




ちなみに。
「第三舞台」も大好きです。
今まで観たエンゲキの中でどれがすき?と聞かれたら
きっと迷わず最初の方に「第三舞台」の「トランス」と答える気がします。
役者はなにもかも試されている気がするし、
物語はシンプルなのにいろんなことを含んでいると思うから。

スポンサーサイト

きっとそれは一筋の光

2016.06.18 23:59|シバイ
どもです、くぼりょです。
久しぶりにタンコブつくりました。

棒に当たってタンコブつくるなんて
私は犬か!?
犬以下か!?



…それはさておき

最近面白かった本の一冊は生田紗代著「それいゆ」でした。
大学の演劇サークルでの話ですが、
エンゲキの話だけでないところも面白かったです。

ずっと人をみていたところや
自分のことを腑に落とすところとか。

触発されて、
「幕が上がる」という映像をようやく観ました。
まあこちらは本当に「学生演劇の青春」って感じでしたがそれもまたよし。
密かにずっとすきな東北の劇団関係がちらっと出てきたり、
ずっと大好きな志賀廣太郎さんが出ていたり。

「幕が上がる」は実は
劇場上映されている頃から気になっていたものの
タイミングが合わず観に行けなくて
シバイつながりの勢いでようやく観た次第ですが。

ももいろクローバーZも平田オリザ氏もすきなのです。

どちらの話も
みんな考えて悩んで困ってちょっと逃げたりして
でもちゃんと最後に真っ直ぐ前を向く。
それはちゃんと未来に向かっている。
そんなところが力をくれました。

まあ、一番印象に残ったのは
「それいゆ」の中の女子の台詞

そこに想像の余地があるなら立ち上がりなさい
乙女の夢を掴むために

でしたけれどね

乙女は夢を掴むのですよ。
うふふ。






乙女は棒に当たらぬというツッコミは置いといてくださいね。
ね?

たべものきるものいきるもの

2016.06.10 23:41|徒然記
どもです、くぼりょです。

アニメ「坂本ですが?」のエンディングで坂本くんが
理科実験室らしき教室で
科学器具を使ってコーヒーを飲んでいるのを見て
「ああ…それやるよねえ~」と懐かしくなりました。

はい、やりました。
がぶがぶコーヒー飲みました。

そういえば当時、友人を巻き込み
新しい活動部を作ったこともあるし
さらに昔には夜中にコッソリ抜け出して
友人とおやつを食べたこともあったりします。

…なんだか、「漫画や小説に出てきそうな青春」ですね

そんなこんなで。
先日、年に一度の健康診断に行ってきました。

結果はもう少し先に届くのですが
ひとまずわかったのは身長と体重と血圧と骨密度。

身長は起き抜けだったからか1センチ伸びていて
それでもチビッコ部員の私はちょっと嬉しく、
体重と血圧は…想像通りというか変化なしというか…
そして骨密度は「若年成人時の平均」より少し上回っていました。
まあこれは例年のことですが

ココロもカラダもオモイも
相変わらずいろいろ変化しながら固持しています。

あのひとの笑顔は嬉しい
私の居場所があると嬉しい
あのひとも、私も、
イタイツライは悲しいし厭だ
あたりまえのことのはずですがそれでも。

年に一度の健診は
我が身と誰かを思う時でもあります。

みなさまはお元気ですか?
なにかお困りではありませんか?
それを言えるひとはいますか?
それを伝えたいひとはいますか?

等価交換ですから

2016.06.02 23:13|徒然記
どもです、くぼりょです。
ラジオCMの仕事をしてまいりました。
それも久し振りに掛け合いのナレーション。

おおおー!
収録ブースの中に私以外の人がいますよー

普段ひとりで収録ブースに入って黙々と仕事をすることが多いので
向かい側に他のナレーターさんがいるのが嬉しかったです。
しかも、ときどき仕事先でお会いする先輩だったので心強い!

せっかくなので、お互いの近況などなど話したり
最近気になっていた言葉の使い方について訊いてみたり。
こういう場があるのって、ありがたいことなので、
またこの現場にも呼んでもらえるよう精進します。

それはさておき。
最近ちまちまと映画を観に行っています。
そのなかで面白いなあと思ったのは3つ。

1、「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」
「変態仮面」、つまり「1」の時から好きな作品ですが
今回も真面目に馬鹿なことをやってくれていてよかったです。
ツッコミどころも満載ですし、いい変態っぷリで楽しめました

それにしても。
私の買ったDVD「変態仮面」はどこへ行ったのか?

前作を映画館に観に行って面白かったので後日購入したのですが、
どうしたことか今、私の手元にないのです。
誰かに貸したはずなのですが、心当たりのあるひとすべてに
「借りてない!むしろ持っているなら貸してほしい!!」と言われる有様。

私、物欲所有欲はあまりないと思うのですが、
面白いものは何度でも観たいし、人にも薦めたくなるので
買い求めるや、どんどん人に貸してしまい
その挙句、誰に貸したか覚えていないという体たらく。

私から「変態仮面」を借りた心当たりのある方、どうかどうか返してください
持っているのが見つかるとちょっと恥ずかしいので私は構わないのですが
出来れば他の人にもこの面白さを知ってほしいのです。

という訳で心当たりのあるどーなーたーかー!
私までご一報、もしくはコッソリ返却をお願いします

2、「少女椿」
丸尾末広原作の漫画を実写化するという、トンデモナイ企画の映画でした。
いい意味でB級というか、とにかく無敵で素敵。

主に少女の視点で描かれていて、
その無邪気さや無知ゆえの残酷さが面白かったのですが
私の興味を惹いたのは、彼女以外の人物でした。

みんな一癖も二癖も、毒も魅力も持ち合わせていて
彼らの孤独や偽善欺瞞、或いは歪んでいく想い、報われない献身に想いを馳せました。
江戸川乱歩の「現し世は夢 夜の夢こそまこと」という言葉が
この映画を観ているとき、ずうっと頭にあったんですよねえ。
どうしたことか、そういうことか。

3、「燐寸少女」
リンという少女をきっかけに3人の主人公が現れ、
それぞれが妄想という、覚悟も想像力も足りない欲望に呑みこまれていくのが興味深かったです。
どの人物も、私にとっては納得のいく最後を迎えたのですが、
まさかの最後で、あんなにも感情を揺さぶられるとは。
いや、実は最初のシーンですでに心奪われてしまっていたのですが。

それにしても。
観ているときも、観終わってからも考えましたねえ。

寿命と引き換えに妄想を現実にしてくれる燐寸。
手に入れたなら私は何を妄想するのか。

そもそも手に入れたいのか。
それだけの浅薄な望みがあるのか、
副作用を覚悟してまで何を願うのか。

普段の私はよくいろんなことを妄想しますが
それはあくまでも妄想幻想夢想の限定モノ。
だから私は地道にそっと叶えていきたいです。
まあ、手に入らなそうなものもありますけど、
それでも、アレもコレもソレだってがんばってみたら或いは、ね。

あなたはどうしますか?
妄想燐寸が欲しいですか?
燐寸に火を灯し、何を妄想しますか?
f+m
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR