ファイトマネーはおいくらまんえん?

2016.05.30 21:35|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

先日、コンビニでうっかり見つけてDVDを買ってしまいました。
何をって…アニメ「磯部磯兵衛物語」を、です。

以前からテレビで突発的に流れていて
そのシュールな内容が気になっていたのですが
まさかDVDになっていたとは。
そしてよもやコンビニで販売しているとは

一度は入手を断念したのですが
あとからどうにも気になってコンビニを駆け回り
結局ついに買ってしまいました。

で、通してみるとやっぱり面白いのです。
味わい深いというか、後からジワジワくるというか…
なんなんでしょ、あの得も言われぬ面白さ。
とりあえず地味に友人に広めていこうと思います。

それはさておき。
イチハラヒロコさんのハナシを聴いてきました。

イチハラさんは現代美術アーティストで、実は私、20数年来のファン。
あの、目にもココロにもガツンとくる作品がずうっとすきだったです。

作品にココロ奪われていた私でしたが、実際にお話されている姿をみて
ご本人のキャラクターもすっかり大好きになってしまいました。

関西のオバチャンのような語り口にぐいぐい引き込まれ、
他のお客さんもスタッフの方もみんなニコニコしていて楽しい時間で。
「愛と笑い」をテーマに続けているという信念、
字体をずっと統一し、写植で続けているその由来を聴き、
なるほどその通りだなあと深く感じ入り、納得。

印象に残るお話はいろいろあったんですが
なかでもいいなあと思ったのが、タイトルのようなお言葉。

アーティストはよく事前にいくらとも知らされないで仕事して
終わった後で振り込まれた額をみて愕然とする、ことが多いそうです。
なのでイチハラさんは、かならず前もって
「ところで、ファイトマネーはおいくらで?」と聞くようにしているとか。

規定の金額があるわけではない業種だからこその言葉ですが、
この「ファイトマネー」という言葉のチョイスがいいなあと思ったのでした。
「ちゃんと最後まで闘いますよ」「いい仕事しますよ」って感じですかね。
自信と責任が滲み出ている、その上ギスギスしない、好い言葉だなあと思いました。

「だって、ボクサーだって戦って闘って、試合が終わってから
『今日は○○円でしたー』って嫌じゃないですか」
「サラリーマンだってアルバイトだって事前になにも知らされないで働いて働いて、
給料日に『えっ、これだけだったの?!』って知るのは嫌でしょ?」
…ごもっとも

会場には彼女の作品をグッズにしたものや本が販売されていて
カレンダーやポストカード、絆創膏なんかはあったけれど
人ごみに負けて結局何も買えず…
ああでもせっかくならば、手拭いを作ってほしいなあ。
もうシンプルな白地のものでいいんです。
あったら絶対買っちゃいますよ、手拭い好きとしては。

ちなみに。
会場ではイチハラさん作「恋みくじ」も引いたのですが…
何を引いたかは内緒にしておきます
スポンサーサイト

遅まきながら…

2016.05.22 23:44|仕事
どもです、くぼりょです。
不覚です。

昨日今日と、久し振りに大阪・ミナミに行ってきました。
昨日は打合せも兼ねての見学、
今日は仕事で道頓堀に行ってきました。
dohton
道頓堀界隈にはオシャレな遊歩道(「とんぼりリバーウォーク」というそうです)ができて、
川には水上バスも通っていて、だいぶ雰囲気が変わりました。
もう数年前からの景色なのですが、未だに慣れません。

あ、ちなみに今回は司会の仕事でした。
Vocal Space「B」14th LIVEの司会です。
日々、ボーカルスクールでレッスンを受けながら
とにかく歌を楽しんだり、プロを目指す人たちが総勢36名がエントリー。
それぞれの想いを歌にのせてステージに立っていました。

洋楽邦楽問わずの既存の曲あり、オリジナル曲あり、
今回は特別ユニットやコーラスグループも登場して
バラエティに富んだ楽しいライブステージでした。
私も聴きながらリズムに乗ったり、手拍子打ったり、結構ノリノリ

今日の大阪は快晴で、むしろ暑いくらい。
でも、皆さん広い空間でのびのびと歌っていました。
屋外ステージだから、たまたま街を歩いていたら歌声に惹かれて立ち止まってくれたという人もたくさんいて
だからこそいろんな人に歌を聴いてもらって、緊張もしただろうけど楽しかっただろうなあ。
私はこれからも応援したいし、見てくれた人たちにも応援していってほしいなあ…

…ってなことを、本当は昨日告知しておくべきでした
「お近くにいらっしゃる方、ぜひ道頓堀の橋にお立ち寄りください!
私、司会進行します!たくさんの歌が聴けます!!」

って昨日の夜までにでも書いたらよかったなあと
今日始まる直前に気付いた次第…面目ないです

今度からもう少し早めに気付きます。
お知らせします。
…つ、次こそは
14th live



音楽と言えば、
最近、岡崎体育「Music Video」が面白いなあと思っていて
3日に一度はこの曲の映像を見てしまいます。

あーあるあるこんなMV…

特に「ミュージックビデオにおける女の子の演出講座」のくだりがすきです

なんだか彼の音楽は気持ちがほっこりします。
ちょっとシニカルだけれど笑顔になれるのです。

やっぱり音楽っていいなあ

てつのかおりはよいかおり

2016.05.12 22:26|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

のんびりお風呂に浸かろうと思って入浴剤を入れたら
なんだかほんのりサン○ール(トイレ洗剤)のにおいがしました。
「優雅なひととき」を思わせる「気品あふれる」香りを売りにしている
詰め合わせのうちの一種類、のはずなんですが…

幸い。
お風呂からあがっても身体からサン○ールのにおいはしませんでした。
ホッとしましたが、なぜそんな臭いがした(と私は感じた)のか、謎です。

とりあえず、このかおりの入浴剤はもう使うの控えます


それはさておき。
先日、京都鉄道博物館に行ってきました。

思った以上に広い!
列車いっぱいあるし!
蒸気機関車かっこいい!
扇状車庫前の転車台も美しい!
umekohji

ちょっと覗くだけのつもりがしっかり半日遊んできました。
詳しい機能や路線図はほとんどわからないんですけれどね。
でも見ているだけで楽しかったです

記念に買ったのは手拭い。
趣味と実益を兼ねられるのでとても便利な代物です。
tao
一枚違うものも写ってますが、そこはまあ気になさらず

望みはないけど願いはあります。叶えます。

2016.05.08 23:30|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

先日、仕事で名古屋に行けたので
熱田神宮に行ってきました。
境内の池のそばで見掛けた猫を愛で、
名古屋コーチンらしきゴージャスな鶏を眺め、
参拝して、神籤ひいたらなんと大吉。

おおお…
なんだか無性に嬉しくなりました。

もちろんこれで単純によいことがあるとは思いませんが
それでも誰かにそっと「大丈夫」と言ってもらえた気がして嬉しかったです。

大丈夫。
誰かがちゃんと見てくれているから。
だからこれからも私なりに思考してまっとうに生きていきなさい、
ということかなあと。

ここのところ頻繁にあった首の痛みも
枕を替えたら痛みは治まったし
探していた本をすぐに見つけられたり
天気の良い日に布団を干せたり
ささやかな、けれどわりと美味しいご飯を作れたり
時にはどこかで、誰かと一緒に食事できたり
うっかり夜更かししたときに綺麗な朝焼けに気付けたり
誰かの幸せを願えたり
できればそっと背中を押したくなったり
私にとって嬉しいことが日々あります。

ここにいる
ここにある
ということはとても幸せなことで
でれど忘れっぽい私は時折うにゃうにゃと
布団にもぐりこんでしまいそうになるけれど
「いま」と「あなた」は本当に大切なのだと忘れたくない。
いや、忘れてもすぐに思い出したいです。



ところで。

御神籤はどの項も好いことが書いてあったけれど
「願望」のところには「期待してよし」とありました。

…う~ん

私、「望みを言え」と脅されても
(↑ええと、なんとなくこういうことを言うモノって
唐突にやってきて脅すように迫るイメージがあるもので…
なにも思いつかないのですが
何を期待すればいいんだろう…?

とりあえず今日も好い一日を送れるように願いましょうか。
あなたも私も。

春に唄うのは

2016.05.03 02:59|仕事ウラ
どもです、くぼりょです。
先日、仕事で歌を唄ってきました。

といっても一般に流れるCMの前に作るデモ作品の
「仮歌」みたいなものなので、「どこかで聴けるよー」と案内出来る訳ではないのですが。

仕事で歌を唄ったのは久し振りだったので緊張しました。
プライベートで歌うのも、主にアニソン・特撮と、ちょっとメインロードから外れた歌謡曲なので
(すみません…ちょっと…いや、わりと偏っているんです
正々堂々と皆が知っている歌を唄うのは本当に久し振り。

某ロシア民謡と某昭和歌謡の2曲を替え歌にして唄ったのですが…難しい。
ただしっかりきれいに唄えばいい訳じゃなく
歌詞も聴かせつつ雰囲気も伝えて気持ちを乗せて
音程はこれでいいのか、
こんな声質で伝わるかとか、
いろいろ考えながら唄ってきました。

うまくできたのか出来たのかどうか…
いやそれよりも、
これで誰かの気持ちを代弁出来たのか
これが誰かの気持ちに寄り添えたのか
そんなことを考えていました。

私の勝手な考えかもしれませんが、ナレーションも司会も
誰かの気持ちや願いを代弁しているのかなあと思います。
もちろんそれだけでなく、自分の気持ちや願いも込めて表現しますが。

私の声で、ささやかな技術と出来る限りの思いを込めて
伝えられたらいいなあと思います。
そのために私はもっとうまくなりたい。
といっても、きれいにそつなく発声するのではなく
(時には伝えるために綺麗さや卒なさは必要だけれど)
本当は気持から始まっていて、
それを表現するための技術がほしいんだということを忘れたくない。

少し前に「書体デザイナー」のひとの話をテレビで聴いたのですが
そのひとは「どうありたいか」といえば

「自分の作った書体に気付かず本を読んでほしい」

そんなことを言っていました。

書体を作るのに微細な試行錯誤や熟考を重ねるけれど
読む人にはそんなことに気付かず、たた本を楽しんでもらえればいい、と。

そのひとの話を聴いた時、「それだ」と思いました。
誰が読んだと知られずに、ただ伝わればいい。
そうなりたいと思いました。
いや、思います。



しかしながら、言うは易く行うは難し。
最近なんだかいろいろ考えすぎて動けていなかったので
ちょっとここで思考は小休止。
とりあえず足を前に出してみなければなあと計っています。

どこに向かうのかわからないけれど、
まあ多分なんとかなります…よね


どっちをみるか、どっちもみるか

2016.05.01 23:18|徒然記
どもです、くぼりょです。

結局「ライチ☆光クラブ」を3回観てしまいました。
DVDになったらすぐにも購入し、また観たいと思っています。

なにがそんなにも私を惹きつけるのか。

永遠を願う刹那か。
純潔を望む汚濁か。
強さを求める弱さか。
悲しみを誘う朗らかさか。

観るたびに気付いたり思い至ったり思い出したり。
注意力散漫で忘れっぽい私は、毎回なにかを発見します。

そんなこんなで。
同じ監督の映画「ドロメ」も観てきました。
「男子篇」「女子篇」両方。

ひとつの物語を男子側からの視点、女子側からの視点で描かれていて
とても興味深かったです。

どちらかだけ観ても成立している物語ですが、両方観るととても面白い。
あのときのあれはそういうことかとか、
あそこであのこたちが見ていたのはなんだったのかとか、
一応、「ホラー映画」というくくりになるのかと思うのですが
それを超えたものがあって、楽しんだりぞっとしたり。

個人的には「男子篇」が好きでした。
男子のキャッキャしているところも、
最後に見えていたものが何だったのかで気付いたことも。
でも「女子篇」のあの感覚もわかるんですよね。
大好きだから言いだせないとか、それでもやっぱりすきとか。

あたりまえですが、みんな、見えているものが違うんですよね。
だからいろんな誤解を生むし、怖いと思うし、それでも…と思う。

なんだかいろいろ考えました。
いいものみたなあ…ホラーはちょっと苦手だけど

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR