袈裟の音に

2015.11.22 23:58|シバイ
どもです、くぼりょです。

わりと最近まで
「シティーハンター」「エンジェル・ハート」の冴羽リョウは
冴羽「僚」だと思いこんでいました。
冴羽「獠」だったのですね

「獠」という文字は「狩る」という意味もあるそうで、
ならば当たっているのでしょうね。
「ハンター」ですから。
でも「僚」という字にも「仲間」「とも」という意味もあります。
だから、どちらもアリなんじゃないかと私は思います。

しかし、ひとの名前は間違えちゃいけませんね。
私もときどき名前を「淳子」と書かれます。
(画数増えてるよ!手間掛け過ぎだよ!!)
あるいは「窪田」もどんな字か聞かれず「久保田」と書かれたり。
もう慣れたので気にしませんが、「久保田淳子」だと全くの別人みたいです

なんにせよ。
まだまだいろんな思い込みがありそうです。

それはさておき。
朗読「袈裟と盛遠」の関係者について記します。

今回は水城ゆうさん。

今回は生演奏で彩ってくれます。
知りあって、お世話になって、
もう10年くらいになるでしょうか。

小説家であり、ピアニストであり、演出家であり、
最近は養蜂家の一面も…なんだかいろいろされていて
人に説明するときにちょっと困ります

でも、すごい人だという思いはずっとあります。
私のやりたいことをちゃんと説明できたら
このひとはきちんと受け止めてくれるひと!
という信頼感とクオリティを内包しています。

10数年前、私がロードクをやりたいと思い、探し、見つけたのが水城さんでした。
それからいろんな物語をYouTubeやオーディオブックでたくさん読ませてもらっています。
私が企画したコエキカクロードクイベントにももちろん助力いただきました。
彼がいないと企画が進まないというか。
それくらい、刺激と安心感を与えてくれる人です。

既存の文学作品も、水城さんのオリジナル小説も
とにかく私と水城さんの面白いと思えるものをずっと読んできました。

水城さんには本当に頼りっぱなしです。
彼の振り幅の大きさや思考の大らかさに勇気をもらい続けています。
だから今回も、どうしても一緒にやりたかったのです。
私が私を出せるように。
私をもっと使えるように。

明日は朗読「袈裟と盛遠」の稽古最終日です。
(みんなそれぞれ離れて住んでいるので、
予定を合わせたり、集合するのが大変なので
水城さんも稽古は初めて参加。
どうなるのかな。
どうしようかな。
ドキドキはらはらバクバクわくわくで
明日を迎えましょう。

おやすみなさい
スポンサーサイト
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR