駈けだす。

2015.06.14 22:59|趣味
どもです、くぼりょです。

毎週録画しながら観ていなかった
猫侍season2」をまとめて観ました

前作から観ていて、
そのあとの劇場版も2回観ているくらいすきなドラマでして、
今回も見逃さないように録画していたんですよね。

で、ようやく観たのです。

うわーうわー
玉の丞が可愛すぎます!
北村一樹さんが恐い顔しているのにお茶目です!
ほかのキャストも魅力的です!
歌が、音楽がよいです!

猫の可愛さに、画面の前で
血管が切れるのではというくらい
転げ回り、のたうちまわりました。

別嬪さんな猫も
不細工な猫も
だいすきです。
「猫は可愛いのが仕事」(@知人の名言)ですからねえ。
本当にいい仕事しています

猫はよいです。
ただもうそこにいるだけでよいのです。
人間も面白いです。
いろいろあるけど、それすら面白いのです。
「猫侍season2」のあともまた劇場版があるようなので楽しみです

それはさておき。
ちょっと久し振りに映画を観てきました。
観たのは「駆け込み女と駆け出し男」。

江戸・天保年間の話で、
「南総里見八犬伝」を書いた滝沢馬琴が出来てきたり
老中・水野忠邦の奢侈禁止令に苦しめられる人々がいたり
なにより、
妻側から離縁を申し立てることができないあたり
時代を感じさせます。

始まってすぐに引き込まれたのですが、
一番の理由はセリフのテンポ。
役者の口上のようにすらすらと、
お座敷芸のように粋で艶やかに、
立て板に水のごとく
さらさらつるつると流れ出てくる言葉が
どれもこれも、遊びや洒落が効いてて楽しい!
時代や歴史や文化に加え、
なんだかわかんないオマケも入れ込んだ言葉たち。

自分に足りないものはいろいろあれど、
教養と素養がかなり不足している!!と悔しくなりました。

話はクスクスげらげら笑ったり、そっと泣いたり、ハラハラしたり。
配役も時節の流れも人の気持ちも素晴らしく。
もっと見て聞いてみたいことがたくさんありました。

もう一度観に行こうかなあ…
いや、行きたいなあ…

私、知らずに観に行ったのですが
縁切り寺「東慶寺」は、先日尋ねたばかりのお寺、
書写山圓教寺で撮影していたのでした

うわーうわー
あの舞台、私も縁あってあがらせてもらったよー
(そしてそこで笛の奉納演奏を聴けた)
あのお堂、中に入れていただいたよー
(そして、中の仏さまを拝めた)
自分が行ったことのあるところが使われていたことが
ちょっと、いや、結構嬉しかったのです。

観てよかったです





そうそう。
秋になんかやります。
現在アレコレ企み中なので
詳細はまた後日
スポンサーサイト
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR