趣味+実益=大満足

2015.04.05 23:10|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

昨日は皆既月食でしたが、ご覧になれましたか?
私は残念ながら見られませんでした。
うむむう。

今日は二十四節気でいうと清明です。
美しい字面で、音の響きも涼しげでよいですよね。
気候も暖かくなり、満開の桜もあちこちで見られて
なんだか嬉しくなります

そんな訳で、普段は引きこもりの私もお出かけ。

最寄駅から徒歩約10分、
出掛け先は司馬遼太郎記念館です。
shiba-ryo2

司馬遼太郎といえば歴史小説の大家であり、
緻密な下調べと深い考察で面白い小説と随筆をいくつも書き上げられたすごい方ですが。
ちかぢか彼とその作品にちょびっと関われることになりそうなので
お近づきにまずは記念館に…と思い、行ってみました。

いやあ、行ってよかった!!
安藤忠雄設計の記念館は素晴らしいです。
外観もよいけれど、館内の空間が身もだえするくらい素敵でした。

本に埋もれて暮らしてみたい!
というのが私の昔からの夢のひとつでしたが、館内の展示室はまさにそれ。
高さ11メートルの壁面いっぱいに取り付けられた本棚には
司馬さんの著作本や資料本がぎっしり。
壁の一角に見えるガラス窓から溢れた光もやさしく美しく、
たくさんの本に囲まれた空間は、本当に堪らなく幸せでした。

安藤さん、本好きのことをわかっていらっしゃる!
いやまあ、司馬さんのご自宅内にあった約6万冊の蔵書世界を
来館者が想像できるように…と考えられた空間なのだそうですが
安藤さん自身も本が好きなんだろうなあと思います。
でないと、こんなにも素敵な空間を考えつかない気がします。

ああ…許されるならばここでずっと暮らしたい…

本屋も図書館もそうなんですけど、たくさん本があるところって
あれもこれも読みたくなってテンションあがります。
ただ、そこにある本が全部読みきれないのが悔しくて
猛烈な嬉しさと切なさが同時に押し寄せて困っちゃうのですが。

それでもなんとかドキドキワクワクとクヨクヨを抑えつつ、
展示室をあちこちから何度も眺めてはニヤニヤし、
展示ケースの資料を読み、
司馬さん関連の映像を見、
展示室の奥にひっそりといる坂本竜馬を見つけ(!?)、
ご自宅の窓越しに見られる書斎も心行くまで眺め、
短いながらも濃密な時間を過ごしてきました。

いやあ本当に行ってよかった

それにしても。
最寄駅の近鉄・八戸の里駅は何度か利用したことがあったのですが
まさか近くにこんなところがあったとは…
恥ずかしながら、最近まで知りませんでした
shiba-ryo
↑コレは道すがらにあった案内表示。
最寄駅からけっこうマメに案内してくれます。
歩くときにうろうろきょろきょろする私でも、これなら迷わないです

司馬遼太郎がすきな方、
本が好きな方はオススメです。
(全部の本が読めるわけではないのが残念ですが、
もしそうだったら本当にず~っと居座っちゃいますからね
あっ、あと建築に興味のある方も。

スポンサーサイト
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR