ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

覇権愛

どもです、くぼりょです。
先日、辻村深月「ハケンアニメ!」を読みました。

読み始めるとページをめくる手を止めたくなくて、気付けば翌朝に。
ああ…仕事のない日でよかった…

「ハケンアニメ!」はいわゆる「お仕事小説」ですが
タイトル通り、ちょっと特殊に思えるアニメ業界を舞台にした、
でもどの業界にも共通する(と思いたい)仕事への愛を描いた物語でした。

タイトルの「ハケン」とは「覇権」のこと。
「その時期、覇権をとるアニメとは!?」ということですね。

私はアニメもわりと…いや、かなり好きなので
アニメ作品を作る監督やプロデューサーや声優やアニメーターのことが
書かれているのも嬉しかったですが
いろいろ共感できることが随所にあって
うんうん頷いたりニヤニヤしたり元気づけられたりしました。

たとえば、
とある声優が、すきな監督のアニメ作品は観たいけれど
そのオーディションに落ちたり、そもそも声がかからなかった時に
なかなか観られないジレンマに陥ることとか。

確かに。
オーディションに落ちると、観るのにすごく勇気がいります。
その作品が面白ければ面白いほど嬉しくて悔しくて。
そもそも声がかからなかったと気付いたらもっと悔しくて。

たとえば、
すきなアニメとタイアップした企画(商品やイベント、キャンペーンなど)も
アニメを知らない人が関わっていると
その作品に対して敬意が感じられない時があって
そんなときは無性に腹立たしくなるとか。

そうなんです!
「とりあえずコレ出しとけばいいんでしょ?」
みたいな風に感じられるときは本当に悔しくなります。
せっかくやるなら少しでもいい、
ちゃんと好きになってくれ!って叫びたくなります。
(いや、時々本当に叫んでいます

ちゃんと仕事をするって、
段取りやクオリティももちろん大切だけれど
「そこに敬意が感じられるか」も大事な気がします。
それが見たり聞いたりした人にもちゃんと伝わるはずだから。

「ハケンアニメ!」に出てきたひとたちは
それぞれ困ったり悩んだり、
どこか一癖あったりするけれど、
みんな仕事に対してはちゃんと向き合っている。
いいものを作ろうと思っている。
それが素敵だと思いました。

なかなか思うように出来なくて悔しいこともある。
いろんな枷があってままならない時もあるけれど。
それでも出来る限りいいものを届けられれば。
そう思います。



あ、あと。
田舎だと、かーなーり離れていても普通に会話しちゃう
という場面もありましたが
「あーそうそう。田舎の近所のばーちゃんたち
田んぼ数枚挟んで世間話してたなあ…」って思い出しました
スポンサーサイト
  1. 2015.01.31(土) _01:54:52
  2. 読書
  3. [ edit ]

たいとるなんて

どもです、くぼりょです。

あの。
年明けそうそうになんですが。
昨年末にも書きましたが私のブログは
やまなし、おちなし、いみなし、です。

だから文章にアレコレ深読み裏読みしなくても大丈夫です。
時折なにか書いていれば
「あ。生きてる」くらいの認識で構いません

書けることがあればひっそりと書きますし
なければその間ひっそりと生きてるはず…
便りのないのはよい報せ、です。
多分きっと。

ブログ毎のタイトルもあまり意味はありません。
いや、実は自分の中ではあります。
コトバを掛けて
オモイを乗せて
ネガイを託して
キモチを込めて
こっそりひっそりつけています。
けれど言葉遊びのところもあるので
深読みしなくても大丈夫なのです。はい。

ときどき見てくださって
「あ。生きてる」と安心してもらえれば。
そして出来るなら
お仕事をいただければ嬉しいです。

読みたいです。
喋りたいです。
伝えたいです。

あなたと、
あなたの大切にしたいひとと、
わたしと、
わたしが大事に思うひとのために。

  1. 2015.01.24(土) _03:41:26
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

人は変われるのか

どもです、くぼりょです。
ここ最近考えていることがあります。

それは、

ひとは変われるのか

ということ。

結論からいうと、
「変われるし、変われないし」。

…あたりまえですが

でも、
生まれ育ってきた環境で、その人の根っこになっていることもあれば
いろんな人や機会に出会うことによって影響されることもありますよね。

たとえば。
私は右利きですが
手や指を組む時は左を上にするほうが落ち着きます。
以前は何も考えずに手や指を組むと右が上になっていたのですが
ある日思いつきで反対にしてみようと思い、意識的にやっていたら
今度はそれに慣れてしまったという次第。

たとえば。
少し前までアクセサリーはシルバーのものが多かったんですが
(留め具とかネックレスのチェーンとか)
最近ゴールドのものも増えてきました。
ある日ふと合わせてみたら「案外いけそう…」と思ったんですよね。
先入観だったのか、徐々に合うようになったのかはわかりませんが
(よもや…かかかか加齢による印象の変化…
ある日変わることもあるんだなあと気付いた次第。

もともとは、本や文字を読んでるのが一番好きだし
夏は日焼けしたくないし、汗っかきで見苦しくなるし、
冬は寒いから外に(というか布団から)出たくないし、
基本的にインドア志向の私なのですが
案外出掛けると楽しかったり、新しい発見があるんですよね。

もともと引っ込み思案だし、面倒くさがりだし、
きっと私の世界は狭い、と自覚もしています。
本をどれだけ読んでいても、読んだそばから忘れてるし、
百聞は一見に如かず、というのも知っているし。
だから、とにかく飛び込んでみよう、と思う訳です。

まあ、あんまりなんでもかんでも飛び込むと
慣れてないから疲れちゃうと思うので
自分のこころとカラダと相談しつつですが、行けるところまで行ってみようかと。

ちょっとずつですが変えたり踏みとどまったり
行きつ戻りつしながら試みています。

だって、私が止まっても
世界もひとのこころもうごいているから。

変えられないこともあるけれど
変えられることだってあるから。

だからしっかり根を張って、
けれど、意固地になるんじゃなくて
しなやかに生きていけたらと思います。
  1. 2015.01.22(木) _01:22:04
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

久し振りです

どもです、くぼりょです。

先日ネットカフェでマッサージチェアに乗ったら
どうにも体に合わなかったらしく、腰骨が痛いです。
なんだかゴリッゴリッ痛めつけられていた気がしたんですよね。
数日前のことなのですが、横になるとまだ痛いです

まあそんなことはさておき。
今回は久々に告知です。

ふだんはナレーター・司会者として細々と
人様の邪魔にならないよう、
少しだけでもお役立ち出来るようつとめていますが
このたび久々にヤクシャとして板の上に立つことになりました。

以下は出演概要です。
(すみません。ホームページからの抜粋です)
==============
平成26年度AI・HALL自主企画
伊丹想流私塾第19期生公演
『希望という名のわたしを訪ねて』

北村想塾長のもと、筆力を磨いてきた新進劇作家たちが、
関西で活躍する俳優・演出家に協力を仰ぎ、“卒塾公演”に挑みます。
今回のタイトルは、『希望という名のわたしを訪ねて』。
テーマはずばり「希望」です。塾生の11作品を一挙上演します。
ところで、舞台には「ベッドがひとつ」あるだけなんです。
劇作家11名は、この二つの要素を、どのように紡いでいくのか。
さまざまな短編戯曲の連続上演にご期待ください。
 
【監修】北村想
【総合演出】高橋恵(虚空旅団)
【演出】横山拓也(iaku)、高橋恵(虚空旅団)、樋口ミユ(Plant_M)、土橋淳志(A級MissingLink)、山本正典(コトリ会議)
【作】伊丹想流私塾第19期生【阿水セロン、井本幸子、彼方憲二、上坂京子、コタカトモ子、高間響、田中浩之、とくらゆきこ、中空よおい、西川さやか、宮崎健太】
【出演】あゆみ(遊気舎)、イシダトウショウ、石原正一(石原正一ショー)、井田武志(sunday)、伊藤えりこ(Aripe)、牛嶋千佳(コトリ会議)、澤田誠、杉原公輔(匿名劇壇)、竹田桃子、得田晃子、水柊(少年王者舘)、宮川サキ(sunday)、山田まさゆき(突劇金魚)、山本禎顕(スクエア) [50音順]
【スタッフ】舞台監督:今井康平(CQ) 照明:狭間友恵(エスエフシ-) 音響:今里愛(エスエフシー) 宣伝美術:下東英夫(エアーズ)

【日時】平成27年2月28日(土)19:00、3月1日(日)14:00 
   ※受付開始40分前、開場20分前
※各回終了後、プレミアムステージあり。
    【プレミアムステージ 『夕月』 作・演出=北村想 出演=船戸香里】
【料金】前売1,200円 当日1,500円【日時指定・全席自由】
【会場・チケット取扱・お問合せ】
アイホール(伊丹市立演劇ホール)【JR伊丹駅前】
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
TEL:072-782-2000
メール:info@aihall.com
URL:http://www.aihall.com  twitter:@ai_hall
※火曜休館

==============

そうそう。
「水柊(少年王者館)」がワタシです。
所属する劇団での役者名みたいなものです。はい。

アイホールは個人的にも大好きな場所ですし、
今回お声掛けくださった総合演出の高橋恵さんは
ヒトとモノガタリを思いやってシバイを作ってくださる方です。
そして何より、ワタシの契機になったシバイに呼んでくださった方です。

だからこそ、お声掛けいただけときは後先考えず
「ぜひお願いします!」と即答しました。

という訳で、また板の上に立てることになりました。
わ~い

それにしても演出家さんや他の役者さんの豪華なこと。
普段、舞台に出るより観に行くことの多いワタシにとっては
「あっ、あの人が演出を!」
「ええっ、あの方と一緒に出るの!?」
と驚き、おののいています

役者はそれぞれ、11作品のなかから2つに出ます。
1作品約10分。
それが怒涛のように続く舞台です。

どうなるかわからないけれど
どうにかこうにかやってみます。
よければ観にきてください。

  1. 2015.01.20(火) _21:17:05
  2. お知らせ
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

コト刃

どもです、くぼりょです。

今年初めてひいたおみくじが末吉で
なんだか嬉しくない内容だったので
何度かあちこちでおみくじをひきつづけてみたのですが
先日ようやく「大吉」が出ました。

やったー

まあ、こういうものは気の持ちようでもあるので
油断せず、調子に乗らず、
引き続き気を引き締めていこうと思います。

さて。
昨年末から年始にかけて
細々と本読みしていますが
(いや、本読みは年中問わずしていますが)
個人的に面白いなあと思える本がありました。

大沢在昌「小説講座 売れる作家の全技術」
原田マハ「本日は、お日柄もよく」
宮木あや子「校閲ガール」

奇しくもコトバを考えるきっかけになりました。

結論?

言葉に振り回されても
言葉を振り回してもいけないなあ

あたりまえのことですけれどね。


  1. 2015.01.12(月) _06:11:49
  2. 徒然記
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

おくればせながらの年始挨拶

本年もよろしくお願いいたします、くぼりょです

今年初めてひいたおみくじは「末吉」でした。
悔しいので後日もう一度ひいたら「吉」でしたが
前の末吉より報われない内容に…

ということでおみくじを踏まえて。

今年は慎み深く、驕らず、
ちょっとだけ前向きに、
でも無理せず過ごせるようにしたいです。

ナレーションとか司会とか
シバイとかロードクとか
いただいた機会はありがたく、
ひょんな機会は逃さず、
オモシロイコトイロイロしていきたいです。

ブログももちっとマメに書けるようになりたいです。

どうか今年もひっそり見守ってやってくださいまし


  1. 2015.01.10(土) _10:11:12
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP