夢も現も踏みしめて

2017.09.12 02:36|徒然記
どもです、くぼりょです。

芝居の開演時間を「マチネ」「ソワレ」と言うことがありますが
いつも、どっちが昼公演で、どっちが夜公演のことかわからなくなります。

なので、しばらく考えて
「そういえばマチネは昼だったような…」と思い出して
「じゃあソワレは…夜か」と思い至ります。

この思考ルートを毎回繰り返すので
そろそろいい加減覚えるだろうと思いきや
これがなかなか覚えられません。

私に「マチネ」とか「ソワレ」と聞いた方、
返答に時間がかかりますが、どうかご容赦ください

それはさておき。
先日の「独劇」では夢野久作の掌編を読みました。
前半は「縊死体」「線路」という境界の曖昧な物語を。
後半は「お菓子の大舞踏会」という賑やかなものがたりを。
どれも夢か幻かわからないような不思議な話ですが
どれも気に入っています。

Wikipediaを参照すると
「夢野久作」という筆名の由来は、どうやら彼の作品を読んだ父親が
「夢の久作の書いたごたる小説じゃねー」と言ったことからつけたそうです。
「夢の久作」とは、昔の福岡地方の方言で「夢想家、夢ばかり見る変人」という意味。

なるほど。
夢の中から現実を見ているのか
現実の中で夢を見ているのか
どっちがどっちかわからなくなるような話をつくる彼には
相応しい筆名なのかもしれませんね。

さて、次回は何を読みますか。
世に面白き話はたんとありますからね

「関西発!才能発掘TVマンモスター」もどんどん佳境に入ってきました。

世界で活躍できる才能を発掘するオーディション番組では
マンモスター候補生が夢を宣言するだけでなく
いよいよ苦しみや悔しさも吐露しています。

頑張ったからこその汗と涙
努力しているからこその苛立ち
油断も見抜かれ図星をさされ
何度も落ち込み
ときに喜びあい
周囲の支えに感謝し
それを励みに努力を重ねては
また追い詰められ

そういったこともすべて見せながら
この冬のデビューに向けて歌い、踊り続けています。

「関西発!才能発掘TVマンモスター」
MBSで毎週月曜日0時59分から放送です。

関西の方、ぜひみてみてください。
私もナレーションをしながら、放送を見ながら、
声で応援していきます。
いや、応援出来るようにもっと励みます。


先日、ちょっとだけ帰省して
大きな橋を歩いて渡ってきました。
天気は良くて
空も抜けるような青さで
海は太陽を反射して眩しくて
上も下もよく見渡せて
高さに少し怯えながらも
そこから見える景色に心躍らせ
しっかりと歩いてきました。
bridge

ここから見えるものはいつもと違う
ここから見たものを覚えておこう
またこの景色を見るために気張ろう
そう思いました。

おやすみなさい
スポンサーサイト

その雫を飲めば長生きできますか?

2017.09.08 23:39|徒然記
どもです、くぼりょです。
たいぶ涼しくなってきましたね。

明日は白露。
重陽の節句でもあります。

重陽といえば「菊」。
昔どこかで読んだ漫画の中に
「重陽の節句の日に、菊についた朝露の雫を飲むと長生きできる」
という場面があり、
「なんだかお上品で風流な習わしだなあ…
私は雫を探すの面倒くさがるから長く生きられないやもしれんなあ…」
などと思った記憶があります。
だいぶ小さいころのことなので、間違って覚えているかもしれませんが。

なんにせよ。
長生きしたい!というよりは
できるだけ自分に恥じないように生きていけたらなあ
などと思う今日この頃です。

それはさておき。
阪急うめだ本店・祝祭広場で毎週日曜日16時から流れている
『窪田涼子の「独劇」』(番組名に自分の名が入っているのがまだ恥ずかしい)ですが、
芝居も終わってひっそり再開しています。

前回は密かに「少女」をテーマにして、太宰治の「待つ」
葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」から手紙部分の抜粋を読みました。

どちらも女性文体の物語。
何かを待つ少女と
恋人を想う女性。
大好きなのです、どちらも。

番組内のトークでも少し喋りましたが
「ちょっと毒のある物語」がけっこう好きでして、
上記2作も読後にモヤモヤ考えてしまうかも…ということで選びました。

いつもだいたい20~30分以内で読めるものを見繕うのですが
私が読んでいて面白いと思うもの、
尚且つ、ちょうどいい時間のものを探していて
毎回大変ながらも楽しんでいます。

次回はまた毒のある物語を読むつもりです。
以前にも読んだあのひとの短編をアレコレソレと…

Podcastで「ソラトニワ」を検索すると聴けますので
よければ聴いてみてください。
1~2週間遅れですが、アップされています。
録り直しなしなので、ちょっと(?)読み間違えていたりしますが


先日、読む本を探していたとき
いろんな格言や心に残った名言を書き留めていた秘密のメモ帳を見つけ、
その中にあった言葉(すみません。出典は不明です)に再びしみじみしました。

子ども叱るな来た道じゃ 老いを笑うな行く道じゃ

本当にそうですね。

準備はOK

2017.08.31 03:21|徒然記
どもです、くぼりょです。
シバイが終わり、ちょっとぐうたらしています

稽古期間や本番中はなかなか落ち着かなかったので
ようやく心おきなく本を買ったり読んだり
気になっていた映画のDVDも観たり
録画していたテレビ番組を気兼ねなく観たりしています。

そんなこんなのぐうたらした日々の前のこと。
舞台出演が終わった翌日、映画の撮影に参加してきました。

以前、私も少しだけ手伝いで参加した
「鉄ドン」というオムニバス映画の中の一作品に
またもやチラリと出演できることになったのでした

役どころはまだ秘密ですが、一度はやってみたかったコレ。
準備が大変ででしたが、すっごく楽しかったです

ちなみに、
出演したのは次回のオムニバス映画「鉄ドン」の中の
中間健詞監督作品。
関西小劇場でおなじみのアンナ方やソンナ方や…
男性ばかりの中で私は唯一の女性としての出演。
至らぬ身ながら精一杯つとめてきました。

先日の私たちの撮影でクランクアップだったので
編集作業はこれからとのこと。
くわしいことがアキラカになったら、またお知らせします。
enishi

さて、夏もほんとにオシマイ。
ようやく少し涼しくなってきましたし
ぐうたらもいいけど、アレもコレもソレも引き続きやっていきますね。


怪我もなく終わりました

2017.08.30 23:57|徒然記
どもです、くぼりょです。

おかげさまで少年王者舘第39回本公演「シアンガーデン」は
三都市全て終了しました。

ご来場くださったみなさま
観終わって声をかけてくださった方
行けないけれど…と陰ながら応援してくださったみなさまも
ありがとうございます。

今回は出られないなあと思っていたら
なんとか伊丹公演だけ出られることになり
「わ~い♪」と喜んだのも束の間。
ダブルキャストの上、ツアー最終地のみの出演なので
緊張感がどんどん増し、なかなか落ち着かない日々が続きました。

名古屋、東京を経た出演者はどんどん芝居のテンポがよくなり
これでは途中参加の私がみんなの足を引っ張るのでは…とどきどきし、
はてにはテレビをつけたまま寝てしまった時には
テレビから聞こえてくる声と台詞合わせをしようとして
当然ながら「こんな台詞あったっけ?どう返せばいいんだ!?」と
冷や汗をかいて目覚める始末。

不安と緊張ばかりが増していく中、
少ないながらもできるだけ稽古に通い、
ちょっとだけ名古屋や東京公演の手伝いにも行き、
自分ではできるがけみんなと連絡を取るように心がけ、
なんとか本番を迎えました。

昨日まで出来なかったことが何度も何度も繰り返したら
ようやく少し出来るようになって安堵したり、
それでも本番では稽古通りにできなくて悔しい思いにかられたり、
終演後、みにきてくれた方に「面白かった」と言われて喜んだり、

ずっと照明が当たっていたシーンでは瞬きしていなかったらしく
舞台袖に引っ込んだらコンタクトレンズが外れて慌てて付け直したり、
最後のシーンでは舞台上で何度も泣きそうになったり、
伊丹からちょっと変わったり増えた演出に驚いたり感動したり。

いろいろあって大変でしたが
それでもやっぱり楽しい日々でした。

これで私の夏はオシマイ。
ちょっとだけぐうたらしてから
次のシーズンに向けてまた歩きだします。

どうかこれからもよろしくお願いいたします。
siano

猫と杓子と

2017.08.23 22:44|徒然記
どもです、くぼりょです。

処暑ですが、暑さが止みませんね。
お加減如何ですか?
倒れていませんか?

先日、ついに猫食パンを買い求めました

最近まで、完売とか行列に並んだりしないといけなくて
なかなか手に入らなかったのですが、
最近落ち着いたみたいでようやく買えました。
nekosyoku
ちゃんと猫耳ついています。
食べるのがもったいなかったけれど、美味しくいただきました。
ふかふかでした

阪急うめだ本店・祝祭広場ソラトニワ梅田サテライトスタジオでの「独劇」2回目も無事終了。
ちょいちょい読み間違えてしまいましたが、そこは生放送ということでご容赦を

2回目は夢野久作の「瓶詰地獄」を読みました。
あんなに華やかで賑やかで爽やかな場所で夢野久作
しかも「瓶詰地獄」
ガラスの向こうで時々お客さんがびっくりしていましたが
好きな作品を読めて嬉しかったです。
さて、次は何を読みましょう

とはいえ、今度の日曜日(27日)の「独劇」はありません。
私がまさに舞台の本番中なので、
一回お休みさせてもらいます。
9月からまた毎週日曜日16時から、ナニカを読んでいきます。
よければ覗きにきてください。

そんなこんなで。
舞台の本番が近付いてきました。
少年王者舘は名古屋・東京公演を無事に終え、
今週末から伊丹公演がはじまります。
私もようやく出演者に加わります。

少年王者舘 第39回本公演『シアンガーデン』

会場/伊丹アイホール
日程/平成29年8月26日(土) 14:00/19:30
        8月27日(日) 14:00/19:30
        8月28日(月) 14:00
※受付開始/開演の60分前。開場/開演の30分前。

作/虎馬鯨
演出/天野天街
出演/夕沈、小林夢二、る、岩本苑子、井村昴、
    がんば(きのこともぐら、※伊丹公演のみ)、水柊(※伊丹公演のみ)

主催/少年王者舘
共催/伊丹市立演劇ホール(※伊丹公演のみ)

チケット料金【日時指定・整理番号付自由席】
一般/前売・予約3,300円 当日3,800円
学生/前売・予約2,300円 当日2,800円(※要学生証)
※学生前売チケットは少年王者舘チケットフォームのみの取り扱いです。


お席、まだ余裕があるそうです。
アイホールは全席椅子なので見やすいです。
上演時間は1時間50分の予定です。

予約はコチラまで。
公演日の当日0時まで予約可能です。

さて。
明日から劇場に入ります。
設営に稽古に確認に…いろいろやることはありますが
名古屋・東京公演を終えてきた出演者と伊丹からの二人(私とがんばさん)とで
ナンダカワカラナイケド面白いモノをお見せするべく、頑張ります。
ぜひみにきてください。
ご来場おまちしています。
muimui


私もナレーションをさせてもらっているMBS「関西発!才能発掘TV マンモスター」では
オーディションで選ばれた若者がもがき、苦しみ、挫けず、立ち向かっています。
収録時にもハラハラしながら読んでいるのですが
放送された番組を見てもやっぱりドキドキします。

みんな踏ん張っている。立ち向かっている。
私も気張ります。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR