道後よいとこ何度も行くの

2018.05.27 22:45|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

だいぶ暖かくなってきましたね。
おかげで外出時には
従来の装備「マスク装(花粉とかホコリとかのアレルギー性鼻炎のため)」に加え、
日傘とサングラスが追加されました。
陽射し除け、日焼け止めの意味もありますが、外の強い光が苦手なのです。
おかげで、出がけにふと見る自分の姿はなかなかの不審者です

それはさておき。
すっかり前のことになりましたが、せとうち旅に出てみました。

列車を乗り継ぎ、海を渡り、
海の見える駅とかお城とか島の遺構とか
ちょっとマニアックな旅でしたが、どこも見どころ満載で
かつての一時代や当時の人たちのことを妄想できて大満足でした。

今回、特にテンションあがったのが道後温泉でした。
私、道後温泉は好きな温泉ベスト3に入るくらい大好きなのです

なので、松山に赴いた際には必ず道後温泉本館と外湯に浸かり、
締めにイチハラヒロコさんのおみくじを引いて帰る(そして毎回必ず切ないメッセージが出る)のですが、
さらに今、道後オンセナート2018が開催中だったのでいくつか見てきました。

道後オンセナート2018では温泉街のあちこちで
作品が見たり体験できたりするアートフェスティバルなのですが
そのなかのひとつ、道後館では「部屋本 坊っちやん」が体験できるのです

いやはや何がすごいって、
一部屋の中に夏目漱石の小説「坊っちやん」を一作すべて収めているのです。

入り口で「これはどうやら面白そうなニオイがするぞ」と内心ワクワクし、
扉を開けて入ればはわはわと言葉にならない叫びをもらし、
壁や畳や天井やとにかく全部を味わうためにウロウロし、
予想外のところに見事なオチを見つけておおおと息をつき、
ニヤニヤと道後館新聞を広げ、
モゴモゴしながら舌でも楽しみ、
名残を惜しんで退出するまでが至福の時でした。

本好き、文字好き、「坊っちやん」を少しでも読んだことのある方には
ニヤリとすること請け合いの堪らん企画なので
できれば写真でお見せしたいところですが…

これはぜひ!現地で見てほしいです。
手掛けた祖父江慎さんの遊び心が部屋に詰め込まれていますよ
(ま、ホームページには写真載っているんですけどね)

旅行に行きたいとお考えの方、温泉好きの方にも、道後温泉はオススメです。
ちょうど道後温泉本館では蜷川実花さんのインスタレーションをやっていて綺麗ですよ。
dougo.jpg

そういえば、愛媛と言えば…蜜柑!
ということで、お昼御飯を食べに入ったお店でポンジュースの出てくる蛇口を発見。
pon.jpg
せっかくなので一杯いただきました。
飲んでみると…本当にポンジュース
さすが愛媛!!素敵ですよ!!

ちなみに高松空港にはうどんだしの蛇口があるとか…


普段は引きこもりですが、たまには外に出るのも愉しいですね。
さて、次は何処へいきましょうか
スポンサーサイト

こっそりとひっそりと

2018.05.16 23:23|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

すこし前のことになっちゃいましたが5月5日、
「おとな鉄ドン シャバダバ無法地帯」の上映会にコッソリ行ってきました。
こどもの日なのに「おとな鉄ドン」とはこれいかに。

私が係われた田中健詞監督の作品は事前に見せてもらったのですが
全作品を通して観るのはこの日がはじめて。

1作品が約3分とはいえ、20本以上のオムニバス作品…ということは監督も20人以上、
出演者やスタッフを含めるとかなりたくさんの人たちが関わっている
なんとも壮大で膨大で混沌で困惑させられる、稀有な作品群でした。

いやあ…おとなが本気で遊ぶとこうなるのですね

「上品なおとな」作品もあれば
「こどもか!?」と突っ込みたくなる作品もあり
私を含め、お客さんも拍手に歓声(ヤジ?)にと大盛り上がり。

面白かったですよ…いろんな意味で

ちなみに。
上映後には監督や出演者、スタッフさんたちがスクリーン前に立って
一言ずつ挨拶をされていましたが…私は客席に隠れていました。
だって、せっかく作品内で綺麗に撮ってもらったから嬉しくて恥ずかしくて
スクリーン前にいた田中監督は「前に出てこんのかーい」という顔をしていましたが、
「いやもうそんな恐れ多いですよう」と下を向きブルブルガクガクしていました。
私、普段は裏方なので目立つの苦手なんですよう…すすすすみません!!



そういえば作品上映の終わりごろ、
ひらひらと舞うナニカが目の端に見え、
誰かがナニカを差し出した?
と思ったらコレ。
tetsudon.jpg
わーい、お金持ちだあー。
使える所はなさそうだけど

大型連休はゆっくり休めましたか?
どこかに行きましたか?
楽しかったですか?
私も珍しくあちこち出掛けました。
そんなこんなはまた後日。

今日のところはおやすみなさい

ゆっくり味わうと

2018.05.03 23:26|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

大型連休も後半に入りましたが
皆様はお出かけになりましたか?

私は太陽の塔の内部見学ツアーに参加してきました
sun-t1.jpg
何度見ても迫力のお姿。
間近で拝見したのは久し振りです。

背中に回って見ると
sun-t2.jpg
守って戦ってくれそう。
なんだか頼もしい

オブジェや設備のいろんなところはもちろん見えたのですが
内部は撮影禁止なので
カメラではなく自分の目やココロに焼きつけようとする
見学の人たちの興味津々な顔も見られました。
当時来たことのある人も、まだ生まれていなかったであろう人も
みんなウキウキワクワクしているのがわかります。
もちろん私も。

各ポイントで見どころを教えてもらえたり
自分で見つけた「?」をガイドさんに聞けたり
30分くらいの見学時間があっという間でした。

この日は時間がなかったので
見終わったらすぐに帰ったのですが
今度は万博記念公園内をゆっくり歩き回りたいものです。
公園内には私のだいすきな国立民族学博物館がありますしね。
ここは私が大阪芸術大学に入るきっかけになったところでもあるのです。

ああ、あと3日くらいかけてゆっくり回りたい…

ゆっくりといえば、久し振りにお茶を点てました。
相変わらず自己流ですが
でも、「時間をつくる」「見る」「味わう」って大事ですね。
momi.jpg

それではおやすみなさい

いってみようやってみよう

2018.04.21 23:57|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。

「デザインあ」展に行ってきました。
a
ちょうど富山の美術館で開催されていたのです。
(※富山での開催は2018年5月20日(日)まで)

いろんな物の見方が変わるモノがたくさんあって
見るだけのものから
入れるもの
触れるもの
参加型のものもあって
大人もこどもも、友人とも家族ともひとりでも
さまざまな楽しみ方ができる企画展でした。

どれも面白かったのですが
「名は顔をあらわす」
という、自分の名前でつくる顔が
比較的並ばずに遊べたのでやってみました。

「くぼた」はこんな顔
ku
ちょっと憂いを帯びてます

「りょうこ」でやってみると
ryo
ちょっと唇の厚い感じに

デザインってすごいですね。
そのデザインを目にすることで
新しく気付くことがあったり
気付かなかった自分が悔しくなったり
忘れていたことを思い出せたり
くすっと笑えたり
はっと我に返ったり
思索にふけったり

とにかくココロが動きます。
ときには行動に出たり。

私も自分の企画イベントチラシやご挨拶状などをつくるとき
とても悩みますし、頼りになる人にお願いします。
デザインがイベントや私自身の「顔」になると思うから。

もっと考えねばいかんなと思った今日この頃でした。


それにしても悔まれたことは
当日券を買って入場してから割引制度があると知ったこと。
富山県美術館にはちょっと面白いくまのオブジェがあって
それにちなんで「くまグッズ」を持っている人は300円割引になるのだそうです。
企画展の中に入ってからそれに気付き、
カバンに付いていた「こぐまのケーキ屋さん」キーホルダーを取り出しじっと見た私。

そういうこと早く言ってよ~

皆様、もしデザインあ展inTOYAMAに行かれる際には
「くまグッズ」をお持ちになるとちょっとばかしお得ですよ。

痛いのと居たいのと

2017.07.15 23:26|出掛けたので。
どもです、くぼりょです。
先日、手の甲に青タンを作りました。

自転車で走っていて
狭い空間をすり抜けようとしたら
反対側からも自転車がやってきて
ハンドルに手を挟まれてしまいました。

おっちゃんが「大丈夫か!?」と声をかけてくれたのですが…

いやいや、おっちゃんの自転車のハンドルが私の手を挟んでいるから
身を乗り出されるとぐいぐいと、そしてどんどん食い込むのですよ~

おかげで久し振りに擦り傷と青タン作りました。
押さえると痛いですが、日常生活には支障なくて一安心です。

それはさておき。
久し振りに旧深野北小学校に行ってきました。
「河内キリシタン列伝」という舞台に出て以来の大東市。
稽古や本番のときはまだまだ寒い時期でしたが
今回は真夏!!
駅から少し歩いただけでももうヨレヨレの私。
fukono-kita

前回、舞台公演を行った「河内キリシタン列伝」ですが
今月からこの脚本をもとにワークショップを行い、
9月には朗読発表会をするのだそうです。
で、以前出演した私もちょっとだけお手伝いで参加してきたのでした。

久し振りに読んだ「河内キリシタン列伝」の戯曲に
上演当時のいろんなことを思い出してイヤニヤしたり
「よくこんなセリフ覚えたなあ…」と自分で自分をほめたり
「いやでも、もっとああしたらよかったのでは…」と反省してみたり
あっというまの二時間でした。

時間が経ってから思い返すと
当時とは別の視点から見られてよいですね。

何事もその時は一生懸命で
それはそれで大事だけれど
あの時わからなかったことが
あとでふと気づけることもあって

まあ、自分はまだまだだなあと思う訳です。

今は劇団公演の稽古と
23日のRunJunライブのダンス練習、
隙間にナレーションのことを考えながら
あわあわしていますが
どれもギリギリまで気張ります。

みにきていただけたら
聴いてもらえたら
応援してくださると
とても励みになります。

いや、皆さんの励みになるよう
精一杯やりとげます。

暑い日が続きますが、どうかお体に気をつけてくださいね。
no zasetsu

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR