文字も絵も美しいとうっとりします

2018.05.30 23:34|仕事情報
どもです、くぼりょです。
道後温泉の「部屋本 坊っちやん」で祖父江慎さんのフォント愛に痺れた私。

かくして、「フォントかるた」を買いました。
読み札には、フォント名・フォントの説明・フォントのサンプルが、
取り札の表面には写研の「写植書体見本帳」で使用されている言葉が、
取り札の裏面には表面で使われているフォントの名前が書かれています。
A1明朝とかMSゴシックとかメイリオとかですね。
つまり、言葉の違いではなくフォントの種類だけで札を見分けるという、玄人向けのかるたです。

せっかくだからと「紙神経衰弱」も買いました。
一般的なトランプの神経衰弱のようにカードをめくって同じものをあてていくのですが、
めくれどめくれど26種類の白い紙ばかり。
表面はまっしろなので、一見何の紙かわからないけれど、
片側をめくると紙の名前や色名、重さがわかるようになっています。
ミランダとかマーメイドとかレザック66とかですね。
こちらもカードに書かれたマークではなく紙自体を当てる、玄人向けのカードです。

一体何故こんなものを、と思われるかもしれませんが…すきなんです。
字体とか紙質とか、見たり触ったりするのが
でもまだまだくわしくないので、学習がてら
近々、ひとりかるた大会をするつもりです。

それはさておき。
音声ガイドを担当した龍谷ミュージアム春季特別展「お釈迦さんワールド」を観に行ってきました。
RYUKOKUMU.jpg
インドに生まれ育ったひとりの青年が悟りをひらき、仏教の開祖となった「お釈迦さん」。
彼が生きた時代とその生涯を経典や美術品などで紹介しています。
像や絵画などが多かったですが、お釈迦さんといえばブッダ。
ブッダといえば手塚治氏の「ブッダ」。
直筆原稿も展示されているのです

手塚氏の直筆原稿は、とても美しいものでした。
しっかりと書きこまれているので、ずっと見ていても飽きないくらい。これだけでも十分見ごたえがあります。
ほかにも今回初公開の展示品もいくつかあって興味をそそられたので、思ったより時間をかけて見てしまいました。

…そういえば。
仕事情報に載せていなかったので、いまさらですがお知らせしておきます。
もう会期半ばも過ぎてしまいましたが

龍谷ミュージアム春季特別企画
「お釈迦さんワールド ブッダになったひと」

開催期間:2018年4月21日(土)~6月17日(日)
開館時間:10時~17時(入館は16時半まで)
休館日:月曜日
入館料:一般1,200円、高大生800円、小中生400円
     ※音声ガイド機は別途550円かかります。ご了承ください。


龍谷ミュージアムは何度も企画展の音声ガイドをさせてもらっていることもあり、
折に触れて行くのですが、こじんまりとした美術館ながらすきな場所のひとつです。
展示室までの階段の踊り場には企画展にちなんだ手作り感満載の誘導案内に和みますし
ミュージアムシアターでは常時2種類の映像を一日数回観ることができます。
(今回は企画展にちなみ、紙芝居屋ガンチャンの
「お釈迦さんワールド紙芝居『シッダールタさんの人生』」も上映していました。
上映時間約14分で、お釈迦さんと今回の展示品のことがわかる内容です。)

私がミュージアムの中で一番すきなのはベゼクリク石窟寺院復元展示
美術館の一画に回廊をつくり、その内部に色鮮やかな仏教壁画を描き尽くしてあります。
大きくて、狭くて、でもなんだか落ち着く…ちょっと不思議なコーナーです。

気になった方はぜひ足を運んでみてください。
春季企画展はあと2週間ちょっとしかないですが

スポンサーサイト

進め進め、日曜も

2018.03.30 18:32|仕事情報
どもです、くぼりょです。

4月から毎週日曜、テレビ大阪にて放送される
「かがくdeムチャミタス!」ナレーションをつとめることになりました


出演は石田靖さんとたこやきレインボーのみなさん

本放送は4月8日(日)午前11時からですが、
4月1日(日)午前11時に「特別編」が放送されます!

特別編では、出演者のたこやきレインボーのみんなが
これまでの放送の中から思い出に残ったスポットや、
知っているとちょっと得する「ムチャミタスポイント」をご紹介。
さらに、8日からの番組内容もちょっとお見せします!

4月からの「かがくdeムチャミタス!」は10分拡大の25分番組、
そして「おでかけ情報バラエティ」。
お休みの日に家族で行きたくなる“おでかけスポット”や、
番組の見どころなどをお伝えしていきます。
ぜひご覧ください!!

と、意気揚々宣伝しましたが。
収録に向かうとき、なんだか足首が痛いなあと思いかえしたら
数日前のハイキングで筋肉痛になっていました。
…足首は筋肉痛になるのか??

太腿とかふくらはぎとかは大丈夫だったんですけどね、
なぜか足首だけ。
歩くとけっこうヨロヨロしていました。

どんな歩き方してたっけ…?
yuzu
一日まるまる寝たら治ったので
明日も気張ります

東洋陶磁美術館 特別展 音声ガイド

2017.12.15 02:21|仕事情報
どもです、くぼりょです。

ぼやぼやしていたら、明日から開催の企画展のお知らせが抜けていました
また、大阪市・中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館企画展の
音声ガイドナレーションをつとめました

大阪市立東洋陶磁美術館
開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展
「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」

開催期間:2017年12月16日(土) ~ 2018年3月25日(日)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    年末年始(12月28日~1月4日)
    展示替え期間
観覧料: 一般1,200円、高校生・大学生700円
    ※音声ガイド機は別途料金がかかります。ご了承ください。(500円くらい)

概要:本展では、中国甘粛省・慶城県博物館が所蔵する約60点の作品の展示により、
  唐代胡人俑の魅力をご紹介します。
  今回の展示では、2001年に甘粛省慶城県で発見された
  唐時代(618-907)の穆泰(ぼくたい)墓(730年)から出土した胡人俑(こじんよう)の数々を
  日本で初めて紹介いたします。
  胡人俑とは、唐時代のシルクロード文化を象徴するものの一つである
  エキゾチックな風貌の胡人(ソグド人などの異民族を指す中国における名称)を表現した
  陶俑(副葬用の陶製人形)です。とりわけ、穆泰墓出土の胡人俑は
  鮮やかな彩色と極めて写実的な造形により、胡人の姿が生き生きと表現されており、
  唐代胡人俑を代表するものの一つです。
  斬新な魅力に満ちた唐代胡人俑の最高傑作を通して、
  シルクロードを駆け巡った胡人たちの息吹を感じていただければ幸いです。
  なお本展に併せて、国立国際美術館との共催による同館所蔵の現代の人物彫刻約10点を展示する
  連携企画「いまを表現する人間像」展、ならびに特集展「中国陶俑の魅力」なども同時開催します。
  (東洋陶磁美術館ホームページより)

なんだか耳慣れない言葉や、「そういえば昔習った…かも…」という言葉もありますが、
展示品の写真を見てみると、これがけっこう愛らしい造形なのです。
当時の服装や髪型なども反映されているので想像も膨らみます。

しかも、陶磁の人形というから小さいのかと思いきや、
ものによっては80センチくらいあるものもあるようで。
実際に見てみると、きっともっと面白いだろうなあと思っています。
私も開催されたら、見に行きますよ。

ちなみに、私は音声ガイドでは「胡姫」役として展示品を紹介しています。
胡姫…なんだか美しそうな響き…

よければみなさまも実際に見に行ってみてください。
連携企画の「いまを表現する人間像」は趣を少し変えて
「いま」の人間像の作品が並びます。
本の表紙でもよくお見かけする舟越桂さんの作品などもあるようです。
こちらもぜひ。
kojinnyou

名古屋で音声ガイド

2017.11.15 22:11|仕事情報
どもです、くぼりょです。

すっかり冷え込んできましたが、皆様体調崩していませんか?
私は家ではモコモコ着込んでいます。
布団カバーも冬仕様の暖かいものにしました。

さて。
ちょっと久しぶりに音声ガイドナレーションの仕事をしたのでお知らせです。
名古屋の施設ふたつで声が聴けます。

特別展「恐竜の卵~恐竜誕生に秘められた謎~」

会場:名古屋市科学館 理工館 地下2階イベントホール
   (地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分)
開催期間:2017年11月11日(土)~2018年2月25日(日)
休館日:毎週月曜日(1月8日、2月12日は開館)、毎月第3金曜日、
   年末年始(12月29日(金)~1月3日(水))、1月9日(火)~2月13日(火)    
開館時間:9時30分~17時(入場は16時30分まで)
入場料:一般1,400円、高校・大学生800円、小・中学生500円
   ※上記料金でプラネタリウムを除く名古屋市科学館展示室をご覧いただけます。
   ※音声ガイド機は別途使用料(500~600円くらい)がかかります。ご了承ください。


世界から集まった、大きさも形も様々な
発掘された恐竜の卵や巣の化石が勢ぞろい。
ほかの動物の卵と比べることができたり、
おとなとこどもの恐竜の骨格化石も見られるので
そこに残された手がかりを探して、
恐竜から鳥類への進化の謎に迫ろう!
史上最大の陸上動物「獣脚類」の卵化石や
日本初公開のオヴィラプトロサウルス類の巣や骨格とハドロサウルス類の巣の化石、
巨大肉食恐竜トルヴォサウルスの全身骨格もありますよ。

恐竜好きの方、ご家族で行ってみてはいかがでしょう?

「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」

会場:ヤマザキマザック美術館
   (地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結)
開催期間:2017年11月24日(金)~2018年2月25日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日・休日と重なる場合は次の平日)
開館時間:平日10時~17時30分
     土日祝 10時~17時
     いずれも最終入館は閉館30分前まで
入場料:一般1,000円、小学・中学・高校生500円、小学生未満無料
   ※音声ガイド無料サービス(小学生高学年以上推奨)
   ※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者、10名以上の団体は800円
   ※本館はバリアフリー構造となっており、車いすやベビーカーでの移動が可能です。
  
 はしもとみおさんは、動物の彫刻を木彫で制作する彫刻家。
きっかけは中学生だった当時、兵庫県尼崎市の自宅で体験した阪神・淡路大震災。
「私のおうちはぼろぼろになり、近所の通学途中好きだった犬や猫も姿を消し、
大好きだった景色や、大好きだった動物たちが、ある日ふっと、なくなる」経験をしました。
そして、「どれほど美しかっただろう、どんな手触りだっただろう、
失ってしまった命を、医学で取り戻す事は不可能だけれど、彫刻という力を借りて、
その姿を残す事はできる」と考え、彫刻の道を志すようになります。
 
 この展覧会では、2018年の干支である犬をはじめ、
現在ブームとなっている猫や、羊・山羊・ラクダなどの家畜、
チンパンジー・オランウータン・シロマユテナガザルなどの類人猿といった
様々な動物彫刻を一堂に展示。彫刻の下絵となったドローイングや、
一匹一匹の動物についての心あたたまるエピソードと共にご紹介。
また、これまで未公開だった作品10点が初出品され、
はしもとさんの愛犬「月くん」の幼年期から14歳までの「犬生」をたどる肖像彫刻5点も勢ぞろいします。
 
 アール・ヌーヴォー様式のフランスの家具が並ぶヤマザキマザック美術館の展示室に、
いつもより少しおすまし顔で集まってきた動物たち。
生命が存在した証を刻み続けるはしもとの真摯な創作の世界をご堪能ください。
(美術館ホームページより)


ヤマザキマザック美術館としても珍しい
いつもとは違った雰囲気の展示が行われます。
動物好きの方はぜひ行ってみてください。
展覧会のポスターもかわいいですよ

よむわかる

2017.08.13 23:57|仕事情報
どもです、くぼりょです。

先日、仕事前に「麦茶」を買ったつもりが
「烏龍茶」を買っていました。

あああ違うんですよおおおう!
汗で出たであろうミネラル分を補給しようと思ったんですよう~
烏龍茶だと喉の油分を洗い流すし利尿作用もあるから
仕事用の水分補給には適さないんですよう~

なんで間違っちゃったんでしょうね。
蒸し暑さでボンヤリ具合に拍車がかかっています。

どうも、コンビニの「麦茶」の棚から取ったつもりが
慌てて取ったところに「烏龍茶」が並んでいたようです。

教訓。
よく見て物を買いましょう

それはさておき。
実は今日から朗読始めました。

ほぼ毎週日曜日16時からの約20分間
阪急うめだ本店9階・祝祭広場にあるソラトニワ梅田サテライトスタジオで
「独劇(どくげき)」という朗読番組を始めました。

これは私が「好きな作品を読む!」というだけの番組です。
今のところは私1人で作品を読み、ちょっとだけフリートークしています。
まだ一回目ということもあり、探りさぐりで進めているので
お知らせするのが遅くなってしまいました…すみません

今日は夏目漱石の「夢十夜」から「第一夜」と「第二夜」を読みました。
ライブで読んだので、ちょっとかんだり読み間違えました

いづれ何人かで読み合わせたり
小説家を目指す方の作品を読んだりできるかもしれません。

あと、Podcastでも配信される予定です。
こちらは配信が決まればまたお知らせしますね。


本を読むことが大好きです。
出掛ける時の鞄には必ず本が一冊は入っています。
おかげでつねに肩が凝っていますが
文字を、本を読むことがとにかく好きみたいです。

なんで好きなの?と聞かれることもあります。
いろんな理由があってすぐに簡潔に答えられないのですが
例えば「知ることができるから」ということはあります。

現実非現実いずれもそこにあって
私が手に取ってページをめくれば知ることができる。
今わからなくてもいつかまた手に取れば気付けることもある。
(今、面白いと思えなくても後でわかることは結構あるのです)
知りたかったことに詳しくなれたり
知らなかったことに興味が湧いたり
私の中で離れていたモノコトが繋がったり
言語化できなかったモヤモヤした感情や事象が
ちゃんと文字になっていることもあります。

腑に落ちる
という言葉がすきです。

そして、
それを体感できる一番の方法が
私にとってはどうやら読書なのです。

だからこれからもたくさん読みたいし
面白い本を見つけたときは嬉しいし、ひとに薦めたりしますし
難しい本ならいずれまた…とリベンジを誓います。

そんなこんなの遍歴を
時々ここでも書いていきますね。

ちなみに。
「独劇」が「ほぼ」毎週日曜日、と書いたのは
再来週が舞台の本番真っ最中で
生放送が出来ないからです

「独劇」はゆるく楽しく、それでも何か面白いと思ってもらえるように
劇団公演は「こんな一面もあるんだ」と知ってもらえるように
どちらも一所懸命やっていきます。

少年王者舘「シアンガーデン」の予約はコチラまで。
ちょっとクセありますが、私のすきな世界観のひとつです。ぜひみにきてください。

こっそりで構いません。
今後とも応援よろしくお願いいたします
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR