道のり案内

2017.03.23 13:24|シバイ
どもです、くぼりょです。
いよいよ舞台本番が近付いてきました。

ということで。
今週末、舞台を観に来てくださるかたのために
最寄駅から会場までの道をご案内します。

まずはJR学研都市線「野崎」駅で下車します。
michi-1
改札を出ると、左の路を進みます。
ちなみに目の前に橋、左手にファミリーマートがあります。

michi-2
ファミリーマート側の道を進みます。
右手に橋を見ながら道沿いに進みます。
橋は渡りません。

michi-3
しばらく道沿いに歩くと、踏切があります。
この踏切を渡って、さらに道沿いに。
カーブしていますが、この道を進みます。
左側にローソンがあります。
これも越えて進みます。

michi-4
しばらく、5分くらい道なりに進むと信号が見えてきます。
道路の左側を歩いていたら吉野家側に渡り、
今度は吉野家を背にして信号を渡ります。
ちなみにその時見えているであろう景色が
コチラ↓
michi-5
目の前左側にグラウンドが見えていると思いますが、
これが旧深野北小学校の敷地です。
とはいえ、ここから入ることはできないので
グラウンドを左側に見ながら道を進みます。

少し歩くと、右手…というか正面あたりに四条畷警察がありますが、
その左側に小学校の正門があります。
michi-6
正門に入って右手に進むと、体育館が見えてくるはずです。

到着です。

会場は体育館なので、あまり暖房設備が無いようです。
なので、少し暖かめの恰好をお勧めします。

ちなみに上演時間は約90分(予定)です。

趣味で和服を着たことはあれど、
そして仕事場にも着て行きますけれど、
袴を穿いたのは実は初めてです。

少年役をやったことはあれど、
大人の女性を演じたことは少なく、
ましてや成人男性役というのは初めてです。
(まあ、今回は出演者全員が女性で、男性役をするのですが)

いろいろ初めてです。
ほかの出演者・スタッフさんほど芝居の経験値はありませんが
自分なりに出来ることをしようと思います。
河内のキリシタン大名が成したこと、成せなかったことを
群像劇でお伝え出来るよう、当日も気張ります。

お時間ございましたらみにきてください。

「河内キリシタン列伝」
日時:2017年3月25日(土)18時半~
       3月26日(日)13時半~/17時半~
会場:旧深野北小学校体育館(JR学研都市線「野崎」駅から約10分)
料金:1,500円(当日・前売ともに)

脚本・演出:高橋恵
原作:「戦国河内キリシタンの世界」批評社
    神田宏大、大石一久、小林義孝、摂河泉地域文化研究所・編
ポストトーク:天野忠幸氏(25日公演終了後)

出演:飛鳥井かゞり(猫会議)
   諏訪いつみ(満月動物園)
   杉江美生
   竹田モモコ
   水柊(少年王者舘)
   濱奈美(劇団ひまわり)
制作:大東倶楽部、虚空旅団
主催:大東市

チケット予約フォームはコチラ

ご来場、お待ちしています。
スポンサーサイト

戦国キリシタン大名になる!!

2017.02.04 22:56|シバイ
どもです、くぼりょです。

昨日は節分でしたね。
豆まきしましたか?
私は豆は撒きませんでしたが
「福ハ内」という和菓子をいただきました。

この「福ハ内」、
ふっくらふくふくとした形とほろほろやさしい味が大好きで
お正月と節分にはついつい買い求めてしまいます。
(年末から2月の節分までの限定販売ですしね)
今年の正月は布団の中でうんうん言っててそれどころではなく
昨日ようやく食べられて、大満足です

そして節分が過ぎれば…立春。
洋服屋にも明るめの色の服がチラホラ見えだし
春に近付いてきているのかなあ…と思います。

私の花粉症も
飲み薬が効いてきたのか、ピークは過ぎたのか
鼻周りのこと以外も考えられるようになりました。
やったー!!

本も読み進められるし
外に出ても憂鬱にならないし
こうしてブログも書けるよー!!

やはり健康が一番、ということですね

先日は出歩けるのが嬉しくてちょっと寄り道したら
可愛いものを見つけました。
tobihaco
とびばこパン。
箱を開けると…
tobibaco
本当にとびばこ!(っぽい)

ちょっと甘めの食パンで、
もちろんそれぞれの段ごとにスライスして戴きました

そんなこんなで。
ハナミ○ズルズルを理由に先延ばしにしていた(せざるを得なかった)あれこれを
ほそぼそ再開しています。

溜めてしまった図書館の本読みとか
芝居の台本読みや、それにまつわる資料調べ
行けなかった美術館や資料館通い
そして確定申告の準備…少しずつ頑張ります

そう、芝居の台本も手元に届きました!!

ということで、シバイのお知らせです。

「河内キリシタン列伝」
日時:2017年3月25日(土)18時30分~
        26日(日)13時30分~/17時30分~
会場:旧深野小学校体育館
  (〒574-0072 大阪府大東市深野3-28-3
   JR学研都市線・野崎駅出口から徒歩約7分)

作・演出:高橋恵(虚空旅団)
原作:「戦国河内キリシタンの世界」批評社
    神田宏大、大石一久、小林義孝、摂河泉地域文化研究所=編

出演:飛鳥井かゞり(猫会議)、諏訪いつみ(満月動物園)、杉江美生、
   竹田モモコ、水柊(少年王者舘)、濱奈美(劇団ひまわり)
制作:大東倶楽部、虚空旅団
主催:大東市

今から450年前
ここ、河内の地には
我が国に伝わったばかりのキリスト教をめぐる
様々なドラマがあった…

永禄7年(1564)、飯盛城を拠点に政権を掌握した三好長慶が
キリスト教の普及を認めると、配下の有力武士73人が宣教師より洗礼を受けました。
彼らは深野池を取り巻くように教会を築き
大東・四条畷の地に新たな信仰をもたらしました。
『河内キリシタン列伝』では、畿内キリシタン第一世代である
三箇頼照・池田憲正・三木半大夫・結城弥平次と
キリシタン大名・高山右近における、新たな世を切望する思いと
時の権力者・豊臣秀吉による迫害を受けるに至る史実とを
群像劇として描きます。(チラシより)


シバイ、ということで
またもや「水柊」の名で出ます。
といっても、今回はテッテケ踊りません。
(多分。今のところ、そんな任命は受けていないはず…)

いろんな戦国武将や時代背景の説明が出てきますが
そこはそれ、「戦国鍋TV」好きの私としてはクリアにしていきたいところです

まだ稽古が始まっていないので
なんとも詳しいことが書けませんが
順次お知らせしていこうと思います。

あっ
チケット取扱い・お問い合わせ先は
「大東倶楽部」
0570-001-962/info@daito-club.com
予約フォームもあります

チラシはこれから地道にお配りしていきます。
まだ手元にないよー、という方も少々お待ちください

それでは皆様も風邪や花粉症や
インフルエンザに気をつけてお過ごしください!

シバイじゃないですが宣伝なので

2016.11.11 23:09|シバイ
どもです、くぼりょです。

ここのところ、ちょっとハラハラドキドキしています。
なにしろ私、バックダンサーを務めることになったからです。

ダンサー?
ダンス?
踊る?
踊るの?
引きこもり文系&ヲタクの私が!?

一体どうしたことか、本人が一番混乱していますが
受けたからには踊りますよ。
ええ、踊ってみせますよ。
踊れるかどうか、ではなく踊るのですとにかく。
よければ見に来てください。

バックダンサーというからにはメインの方がいる訳で
主役のお二人はもちろん素敵なのです

宍戸留美&森下純菜ツーマンライブ大阪~秋冬コレクション~
2016年11月27日(日)12時~14時 LIVE SPACE北堀江ビレボア

特別ゲスト:中川雅子(ex東京パフォーマンスドール)
前売 ¥4,000(1D別)
当日 ¥4,500(1D別)

宍戸留美さんと森下純菜さんが自分たちの持ち曲はもちろん、
80年代、90年代のアイドルの楽曲をカバー。
大阪では秋冬バージョンでお目見えです。
特別ゲストもいますよ~

詳しく(?)は映像を見ていただけるとわかるかと思います。
ということで。

宍戸留美X森下純菜「RunJun」大阪ツアーCM・第一弾はコチラ

宍戸留美X森下純菜「RunJun」大阪ツアーCM「ゲスト中川雅子編」はコチラ

今回、私は「関西RunJunメイツ」ということで
ちょこっと後ろで踊ったり、一緒に楽しんだりする予定です。
ちなみに、同じく関西RunJunメイツの黒田恵子ちゃんは
以前何度か私も共演したことのある、こちらも可愛らしい女性です
しかしながら二人とも踊るのはちょっと久し振り…
とにかく楽しく踊れたらよいなあと思っています。

一緒に歌ったり踊ったりしてもらえると嬉しいですね。
ご来場お待ちしています

あっ、予約フォームはコチラです

きっとそれは一筋の光

2016.06.18 23:59|シバイ
どもです、くぼりょです。
久しぶりにタンコブつくりました。

棒に当たってタンコブつくるなんて
私は犬か!?
犬以下か!?



…それはさておき

最近面白かった本の一冊は生田紗代著「それいゆ」でした。
大学の演劇サークルでの話ですが、
エンゲキの話だけでないところも面白かったです。

ずっと人をみていたところや
自分のことを腑に落とすところとか。

触発されて、
「幕が上がる」という映像をようやく観ました。
まあこちらは本当に「学生演劇の青春」って感じでしたがそれもまたよし。
密かにずっとすきな東北の劇団関係がちらっと出てきたり、
ずっと大好きな志賀廣太郎さんが出ていたり。

「幕が上がる」は実は
劇場上映されている頃から気になっていたものの
タイミングが合わず観に行けなくて
シバイつながりの勢いでようやく観た次第ですが。

ももいろクローバーZも平田オリザ氏もすきなのです。

どちらの話も
みんな考えて悩んで困ってちょっと逃げたりして
でもちゃんと最後に真っ直ぐ前を向く。
それはちゃんと未来に向かっている。
そんなところが力をくれました。

まあ、一番印象に残ったのは
「それいゆ」の中の女子の台詞

そこに想像の余地があるなら立ち上がりなさい
乙女の夢を掴むために

でしたけれどね

乙女は夢を掴むのですよ。
うふふ。






乙女は棒に当たらぬというツッコミは置いといてくださいね。
ね?

シバイウラ

2016.03.18 23:25|シバイ
どもです、くぼりょです。
シバイツアーは終わりましたが
まだなんらか余韻があちこちに残っています。

そんなこんなを思い起こしつつ
気になるシバイをみてココロ動かされたり
カラダに問いかけメンテナンスしたり
日々の幸せを思い出したり
細々暮らしていました。

そんなこんなを思い起こしつつ。

久し振りの所属劇団公演出演は
楽しくも大変で、それでも愛おしく楽しい時間でした。
今回はオワリのアナウンスもさせてもらえて
私と私の仕事が活きてきたので本当に嬉しかったです。

ずっとずっと幸せでした。
出来なくて駄目駄目で、
それでも希い目指した現場でした。
だからずっと幸せでした。
これからも幸せだと思えました。
そんなシバイでした。

観に来てくださった方、
応援してくださった方、
ありがとうございました。
私はあなたにみてもらえて
とても嬉しいのです。

だからこれからも頑張ろうと思います。
これからもささやかにひそやかに
よろしくお願いします。
kero
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

窪田涼子(くぼたりょうこ)

Author:窪田涼子(くぼたりょうこ)
ナレーター・司会などをしています。
本と文字を読むのが好きです。
至らぬアレですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR