ナレーター・窪田涼子のブログです。仕事情報やそれにまつわるモノコト、日々のアレコレなどを書いていけたらと思います。ご笑覧くださいませ。

ミズキブログ~わからんことはロマンということに~

.

名古屋で音声ガイド

どもです、くぼりょです。

すっかり冷え込んできましたが、皆様体調崩していませんか?
私は家ではモコモコ着込んでいます。
布団カバーも冬仕様の暖かいものにしました。

さて。
ちょっと久しぶりに音声ガイドナレーションの仕事をしたのでお知らせです。
名古屋の施設ふたつで声が聴けます。

特別展「恐竜の卵~恐竜誕生に秘められた謎~」

会場:名古屋市科学館 理工館 地下2階イベントホール
   (地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分)
開催期間:2017年11月11日(土)~2018年2月25日(日)
休館日:毎週月曜日(1月8日、2月12日は開館)、毎月第3金曜日、
   年末年始(12月29日(金)~1月3日(水))、1月9日(火)~2月13日(火)    
開館時間:9時30分~17時(入場は16時30分まで)
入場料:一般1,400円、高校・大学生800円、小・中学生500円
   ※上記料金でプラネタリウムを除く名古屋市科学館展示室をご覧いただけます。
   ※音声ガイド機は別途使用料(500~600円くらい)がかかります。ご了承ください。


世界から集まった、大きさも形も様々な
発掘された恐竜の卵や巣の化石が勢ぞろい。
ほかの動物の卵と比べることができたり、
おとなとこどもの恐竜の骨格化石も見られるので
そこに残された手がかりを探して、
恐竜から鳥類への進化の謎に迫ろう!
史上最大の陸上動物「獣脚類」の卵化石や
日本初公開のオヴィラプトロサウルス類の巣や骨格とハドロサウルス類の巣の化石、
巨大肉食恐竜トルヴォサウルスの全身骨格もありますよ。

恐竜好きの方、ご家族で行ってみてはいかがでしょう?

「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」

会場:ヤマザキマザック美術館
   (地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結)
開催期間:2017年11月24日(金)~2018年2月25日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日・休日と重なる場合は次の平日)
開館時間:平日10時~17時30分
     土日祝 10時~17時
     いずれも最終入館は閉館30分前まで
入場料:一般1,000円、小学・中学・高校生500円、小学生未満無料
   ※音声ガイド無料サービス(小学生高学年以上推奨)
   ※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者、10名以上の団体は800円
   ※本館はバリアフリー構造となっており、車いすやベビーカーでの移動が可能です。
  
 はしもとみおさんは、動物の彫刻を木彫で制作する彫刻家。
きっかけは中学生だった当時、兵庫県尼崎市の自宅で体験した阪神・淡路大震災。
「私のおうちはぼろぼろになり、近所の通学途中好きだった犬や猫も姿を消し、
大好きだった景色や、大好きだった動物たちが、ある日ふっと、なくなる」経験をしました。
そして、「どれほど美しかっただろう、どんな手触りだっただろう、
失ってしまった命を、医学で取り戻す事は不可能だけれど、彫刻という力を借りて、
その姿を残す事はできる」と考え、彫刻の道を志すようになります。
 
 この展覧会では、2018年の干支である犬をはじめ、
現在ブームとなっている猫や、羊・山羊・ラクダなどの家畜、
チンパンジー・オランウータン・シロマユテナガザルなどの類人猿といった
様々な動物彫刻を一堂に展示。彫刻の下絵となったドローイングや、
一匹一匹の動物についての心あたたまるエピソードと共にご紹介。
また、これまで未公開だった作品10点が初出品され、
はしもとさんの愛犬「月くん」の幼年期から14歳までの「犬生」をたどる肖像彫刻5点も勢ぞろいします。
 
 アール・ヌーヴォー様式のフランスの家具が並ぶヤマザキマザック美術館の展示室に、
いつもより少しおすまし顔で集まってきた動物たち。
生命が存在した証を刻み続けるはしもとの真摯な創作の世界をご堪能ください。
(美術館ホームページより)


ヤマザキマザック美術館としても珍しい
いつもとは違った雰囲気の展示が行われます。
動物好きの方はぜひ行ってみてください。
展覧会のポスターもかわいいですよ
スポンサーサイト
  1. 2017.11.15(水) _22:11:29
  2. 仕事情報
  3. [ edit ]

明日の「独劇」

どもです、くぼりょです。

急ですが、明日11月12日(日)の「独劇」はお休みです。
次回は19日(日)16時から通常通り読みます。

多分。きっと。

いや、なんとしても。
  1. 2017.11.11(土) _22:52:34
  2. お知らせ
  3. [ edit ]

気持ちの切り替えは大切です

どもです、くぼりょです。

またやらかしました。
スーパーマーケットに買い物に入ったとき、
入り口でお姉さんに呼び止められました。

「あの…スカートめくれてますよ」

……あああああっ

後ろを見ると、確かにスカートの端がスパッツにかかっているではないですか!
すぐさまスカートの裾を直しつつ、教えてくれたお姉さんにお礼を述べましたが
頭の中で「いつから?いつから?」という疑問がぐるぐる回る私。

思い返すに、その少し前。
のんびりと家を出て近所の病院に行き、薬局に入ったあと、
そのままこのお店まで来ているはず…

ということは。
家を出てから歩いているときも、
病院でも、薬局の中でも、
いやいやその前に病院の入っているビルのエレベーターの中で
男性の前に立っていた私ですよ。

……あああああ

皆様、どうかどうか。
どこかで誰かの衣服の乱れに気付いたら
そしてそれがちょっと恥ずかしいことになっていたら
できるだけ早めに、そっと教えてあげてください。

例えその時
あらぬ誤解を受けたり、八つあたりされりして
その時は嫌な気分になったとしても
できるなら「そのひとのその後」のために
どうか意を決して伝えてあげてください。

「ヤダこのひとなに見てたのよ」と責められるかもしれませんが
理不尽に「なんでここで言うのよ」と怒られるかもしれませんが
それはあくまでお門違いの話なので早々に忘れちゃってください。
できることなら「これでこのひとは先々安心!」と思って
勇気を振り絞ってください。

パンツは見せてないはずだけど、
後部隙だらけになっていた私からのお願いです





そんな昨日を引きずらず気を取り直して!!
今日も無事に「独劇」が終了しました。
今回も専門学校の学生さんの作品。
10分ほどの作品を2本続けて読みました。

ひとつめの話は、ちょっとアイロニーを含んだ「オオカミ被害者の会」。
続いて、昔語りのその読後にドキッとしてしまう「龍神村伝説」。

読み終えてから作者の学生さんたちを交えてのトークタイムでは
最初少し緊張していた二人もいい具合にリラックスしていて
裏話とかこれからのことについて楽しく話してくれました。

よし、次も気張ります!

そういえばこの日、朗読しているときに
「いつもより収録スペース前が暗いなあ…」と思って
ふと顔をあげると、ガラスの向こうに「聴いてくれているお客様」が
たくさんいらして吃驚しました。

いつもはわりと、「ひっそりと生放送中~」って感じなので
なんだか嬉しいやら恥ずかしいやら。
いや、すごく嬉しかったです

まあ、この日は目の前の祝祭広場で「イタリアフェア2017」を開いていて
そちらのお客様がたまたま近くに寄って、偶然聴いてくれたということだと思いますが。
それでも、読み終えたとき、拍手をしてくれているのが見えて
「ああ、感動するってこういうことだったなあ」と思い出しました。

これからもたくさん読んでいきたいので
引き続き、そして一層精進します。
どうぞみなさまよろしくお願いいたします

  1. 2017.11.05(日) _23:49:22
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

好きなんです…その覚悟が

どもです、くぼりょです。

そんなに広くはない道に
複数人が横一面に並んで歩いているのを見ると
「君等は大江戸捜査網か!?」
と心の中で突っ込みをいれてしまいます。

「こういう場合『Gメン75』だろう!」と言われそうですが
私の場合はやっぱり好きな時代劇が出てしまいます

勧善懲悪、みんな元気で幸せでヨカッタヨカッタ、もいいことなのでしょうが
「死して屍拾うもの無し」というナレーションが格好良くて、腹が据わってて
そういうところも好きだったんですよね。

それはさておき。
先日の「独劇」は、どストライクなホラー「ずっといっしょだよ」という作品。
ふだんはファンタジーを書いている、という生徒さんの作品でしたが
課題ではじめてホラーを書いてみて、ちょっと手応えがあったようです。

何事もやってみなければ道は拓けませんものね。
これが何かのきっかけになれたら嬉しいです

次回は2本、読む予定です。
よければPodcastも聴いてみてください。細々とアップされています。
ちなみに読んでいる日曜日16時からもPodcastで聴けるようです。
ちょっとだけタイムラグはありますが

そろそろ冷え込んできました。
電車に乗っていても咳き込む人がチラホラと…

年末らしく気忙しくなってきているかもしれませんが
みなさまもどうか身体とココロと大切に。
私も労わりながら暮らしていきます。

それではおやすみなさい
  1. 2017.10.30(月) _23:04:03
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

よそはよそ、うちはうち。

どもです、くぼりょです。

先日、仕事帰りにスーパーマーケットに寄ったら
店内BGMがクリスマスソングでした。

…早いよっ!

クリスマスソングを聞くとなぜだか気が急いてしまうので
つい反射的にドキドキしました

でも、そろそろ1月始まりのスケジュール帳もお店に並び始めているんですよね。
これも気が急いてしまう原因。
年内にやろうと思いながらできなかったアレコレを思い出して
ついつい気ばっかり焦ってしまうんですよね。
いかんいかん。

先日、小林賢太郎さんの本を読みました。
「ラーメンズ」のコントがずっとすきで、
ひとり舞台なども機会が合えば観に行くくらいすきなのです。

そんな大好きな小林賢太郎さんは本の中で

「よそはよそ、うちはうち」

というエッセイを書いていました。
読んで、ハッと我に返りました。

そうなのです。
よそはよそ、うちはうち。
よその芝生が青くても羨まず妬まず、うちはうちを黙々と丹念に育てていくしかない。
よその芝生の刈り込みが甘くてもちょっかい出さず、うちはうちを整えていくしかない。

そう、自分に言い聞かせます。
ときどき忘れそうになるけれど、私が一所懸命生きていくのには
これがまず大切なことなのだなと改めて思いました。

私は私なりに前に進んでいきます。
歩みは鈍いかもしれませんが…うちはうち


昨日の「独劇」は台風が接近するなか細々と、
でも楽しく怖く(ホラー小説だったので…)読めました。

先月までは既存の文学作品を読んでいて
それはそれで、大好きな物語を読めて聴いてもらえて嬉しかったのですが
今月からは専門学校生の「今」書いてくれた物語を読んでいます。

だから、いろいろ質問もできるし、
書き手に「面白かった!」と伝えることもできます。
これもまた有難く、贅沢なことですよね。

さて、次はどんな作品を読めるのかな。
私も楽しみにしています。
よければ皆様も聴いてみてください。
Podcast「ソラトニワ 独劇」で随時アップされていきます。


昨日の大型台風。
私の周囲には幸い甚大な被害はなかったようです。
まずは一安心ですが、これを機に
情報を鵜呑みにしたり、ただぼんやり待つだけにならず
今までの経験や勘で推察したり動けるようになりたいと思いました。


そろそろ年末。
日めくりカレンダーもどんどん厚みがなくなってきました。
寒くなったり、忙しくなったりすると思いますが
皆様、お体に気をつけてくださいね。

ひとまず、おやすみなさい
  1. 2017.10.23(月) _23:51:16
  2. 徒然記
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP